2021.01.14

「1mのバットが50cmに見えた」。八重樫幸雄が大杉勝男に感じた一流打者の証

  • 長谷川晶一●取材・文 text by Hasegawa Shoichi
  • photo by Sankei Visual

「オープン球話」連載第48回

【大杉勝男との出会い】

――八重樫さん、好評につき、2021(令和3)年も「オープン球話」連載が続くことになりました。引き続き、よろしくお願いします!

八重樫 こんなに長く続くと思わなかったね。今年もどうぞよろしく。

――さて、前回まではセ・リーグ各球団の懐かしの選手たちの思い出話を伺ってきましたが、スポルティーバ編集部に「もっと、ヤクルトOBたちの話を聞きたい」という声が殺到しました。そこで、今回からはしばらく八重樫さんと関わりがあった元ヤクルトのスター選手たちとの思い出を伺いたいと思います。

八重樫 ヤクルト関係者で思い出深いのはやっぱり、大杉さんかな?

――1992(平成4)年に47歳で亡くなった大杉勝男さん。八重樫さんとは、大杉さんがヤクルトに移籍してきた1975(昭和50)年から1983年までチームメイトでした。

八重樫 大杉さんには本当にお世話になったんです。家も近かったし、僕がまだ免許を持っていなかった頃は、いつも家まで送ってくれたから。ナイターが終わって、神宮から横浜の自宅に帰るまでの車中でいろいろな話をしたので、思い出もたくさんあるんだよね。

日本ハム(旧東映、日拓)時代に2度の本塁打王・打点王に輝き、1975年にヤクルトに移籍した大杉――大杉さんとの最初の出会いは、大杉さんが日本ハムファイターズから移籍してきた1975年のことになるんですか?

八重樫 そうですね。厳密に言えば1974年のオフになるかな。当時は荒川(博)監督の時代だったでしょ。この連載でも何度か言ったけど、当時の僕は「荒川道場」で一本足打法の練習をしていた頃だったんですよ。それで、荒川さんの自宅に大杉さんも呼ばれたことがあって、その時に初めてきちんとあいさつをしたんです。