2021.01.15

ラミレスが語るDeNAの昨シーズン「交流戦があればAクラスに入れていたかも」

  • 寺崎江月●取材・文 text by Terasaki Egetsu
  • 村上庄吾●撮影 photo by Murakami Shogo

アレックス・ラミレス
DeNA監督の5年間とこれから 前編

 2016年シーズンからの5年間、横浜DeNAベイスターズの監督を務めたアレックス・ラミレス氏。それまでリーグの下位に沈むことが多かったチームを3度のAクラス入りに導き、2017年にはリーグ3位からクライマックスシリーズを勝ち上がって日本シリーズ出場も果たした。

 しかし監督生活の締めくくりとなった昨シーズンは、Aクラスにわずかに届かず4位。悔しさが残る結果になった1年を、あらためてラミレス氏が振り返った。

2016年から5シーズン、DeNAの監督を務めたラミレス氏──5年間の監督生活、お疲れ様でした。まずは監督のラストイヤーになった2020年シーズンの戦いについて伺えたらと思います。

「ありがとうございます! 何でも聞いてください」

──新型コロナウイルスの影響で開幕が遅れ、日程がタイトになるなど厳しいシーズンでしたが、開幕前のチーム状態はいかがでしたか?

「春季キャンプの時点では、5年目にして勝つために必要な戦力が揃い、最高なシーズンが迎えられる手応えを感じていました。特に打線は、2019年シーズンまで4番を担っていた筒香嘉智(レイズ)が抜けましたが、佐野(恵太)と新加入の(タイラー・)オースティンが合わせて50本くらいホームランを打ってくれると見込んでいて、十分にその穴を埋めてくれると思っていました。

 結果は、新たに4番に座った佐野はシーズンを通して活躍した一方で、オースティンがシーズン前半にケガで離脱したことが痛かったです。(ホセ・)ロペスの不調も重なって、計算が狂ってしまいました。さらに捕手についても伊藤(光)の調子がなかなか上がらず、戸柱(恭孝)などが頑張ってくれたものの、起用に苦しみましたね」