2021.01.12

千賀も驚愕。ホークスの天然キャラ右腕の
ポテンシャルはお化け級

  • 田尻耕太郎●文 text by Tajiri Kotaro
  • photo by Koike Yoshihiro

 身長193センチと球界きっての大型投手で、その投球をひと目見れば、プロ2年間で未勝利なのが信じられない。昨年の日本シリーズでも登板したソフトバンクの杉山一樹は、間違いなくお化け級のポテンシャルの持ち主である。

最速157キロを誇るソフトバンク・杉山一樹 巨人との頂上決戦では京セラドームでの第2戦、ソフトバンクが11対2と大量リードした8回裏に5番手で登板機会が巡ってきた。

 1人目の打者・松原聖弥に対しては、初めての大舞台で自分の持ち味を発揮するようにストレートだけを投げ込んだ。154キロ、156キロ、154キロ、154キロ。あまりの迫力に、大声を上げることのできない客席がうごめくようにどよめいた。

 続く坂本勇人には四球を与えたが、初球に自己最速タイの157キロをマークした。そして、一死一塁から岡本和真は高めの154キロ直球で空振り三振を奪い、丸佳浩も真っ直ぐ勝負でセンターフライに打ち取った。1回無失点の日本シリーズデビューである。

 普段セ・リーグ党のプロ野球ファンは相当たまげたに違いない。「これが、大差のついた試合終盤に出てくるリリーフ投手なのか......」と。

 しかし何度も言うが、まだプロ0勝の投手である。

 1年目は一軍登板2試合で、投球回数は4イニングのみ。防御率は9.00だった。即戦力として期待もされていたが、春季キャンプの終盤にバント処理練習で右足首を捻挫して出遅れたことが大きく影響した。

 2年目は一軍登板11試合、投球回数16.2回で防御率2.16と向上した。だが、契約更改で球団から提示をされたのは100万円ダウンの年俸1100万円。評価はそれほど高くなかった。

 杉山が一躍注目を集めたのが昨年1月のこと。志願してともに自主トレを行なった千賀滉大から「群を抜いていた。僕も越された。本当にすごかった」と大絶賛されたのだ。球界トップクラスの選手の発言に、メディアも大きく報じた。