2020.11.21

解説者5人の日本シリーズ予想。
巨人、ソフトバンクのキーマンは?

  • スポルティーバ●文 text by Sportiva
  • photo by Sankei Visual

 いよいよ2020年の日本シリーズが幕を開ける。前回と同じカードとなったが、昨年はソフトバンクが巨人を圧倒し、4連勝で日本シリーズ3連覇を果たした。はたして今年はどんな戦いが繰り広げられるのか。ソフトバンクが返り討ちにし4連覇を達成するのか。それとも巨人が雪辱を晴らし8年ぶりの日本一を奪還するのか。気鋭の解説者5人に日本シリーズを占ってもらった。

日本シリーズ4連覇を目指すソフトバンク・工藤公康監督(写真左)◎橋上秀樹氏

予想:4勝1敗 ソフトバンク

 昨年と同じように、ソフトバンクの一方的な展開になるのではないかと思っています。選手個々の実力、チーム力はもちろん、CSでもロッテに連勝するなど勢いもある。すべての面においてマイナス要素が見当たりません。

 巨人としてみれば、菅野(智之)が投げる試合で確実に勝てるかでしょうね。昨年の日本シリーズは故障明けということもあり、万全の状態ではなかった。今年は新たな投球フォームを確立し、結果も出した。そのなかでソフトバンク打線にどれだけ投げることができるのか注目ですね。もし初戦を菅野で落とすようなことになれば、巨人は相当厳しい戦いになるでしょうね。

 ソフトバンクは投打とも選手層の厚さが際立っていますが、あえて不安要素を挙げるとすると、抑えの森唯斗です。これまでに比べてランナーを背負う機会が増えましたし、すっきり終わらない試合が多くなった印象があります。巨人につけ入る隙があるとすれば、森攻略なのかなと。そのためにも終盤まで接戦に持ち込まなければいけないでしょうね。

 巨人にしてみれば昨年の雪辱を晴らしたいと思っているでしょうが、ソフトバンクの壁は想像以上に厚いと思います。いずれにしても、巨人はまず初戦を勝つこと。少しでもソフトバンクを慌てさせることができれば、いい勝負になると思います。