2020.11.20

順風満帆ではない来季のDeNA。
三浦大輔監督の斬新なアイデアに期待

  • 石塚隆●文 text by Ishizuka Takashi
  • photo by Sankei Visual

 久しぶりのチーム生え抜きの監督だ。

 11月18日、横浜の街並みが一望できるホテルの高層階で横浜DeNAベイスターズの監督に就任した三浦大輔の記者会見が行なわれた。そこは4年前に三浦監督が引退の会見をしたのと同じ場所だった。あの日と同様にビシッと決まったトレードマークのリーゼント。"ハマの番長"が監督として横浜スタジアムに帰ってくる。

横浜DeNAベイスターズの新監督に就任した三浦大輔氏「喜びとともに責任を受け止め、しっかり前を向いてやっていきたいと思っています。感動を与えるというより、ファンの方と一緒に戦って、一緒に感動をして、一緒に喜びたい。皆さんの力を貸してください。お願いします」

 現役時代、誰よりもファンを大切にしてきた三浦監督らしい言葉。チーム生え抜きの監督は2003〜2004年の山下大輔氏以来であり、またDeNA体制になって来季で10年目、ピッチャー出身の監督による采配は初となる。

 前任のアレックス・ラミレス監督時代は5年間でAクラスを3回、2017年には19年ぶりとなる日本シリーズに進出し、もはやかつての弱小球団の面影はない。はたして三浦監督がどのようにタクトを振るのか注目が集まっている。

 優勝を逃したことでラミレス前監督は退任となったが、三浦監督の就任は既定路線だったと言っていい。

 2016年の引退後、2年間アドバイザーとして球団に関わり、2019年は一軍ピッチングコーチ、そして今年は二軍監督を務めてきた。こう見ると球団が意図的に三浦氏を将来の一軍監督へと育ててきたように感じられる。とくに今年は二軍監督経験者である万永貴司と大村巌をコーチとして配置し、万全の体制で経験を積ませている。

 昨年末の二軍監督就任の際、三原一晃球団代表に、三浦を一軍監督にするために経験を積ませているのかと尋ねたことがあった。すると三原代表は監督についての明言は避けたが、次のように答えている。

「三浦さんに関しては、いろいろなことを経験してもらいたいと思っていますし、ベイスターズファンに最も愛されている人物。だから、もう一度ユニフォームを着るという話をした時は、いろいろな経験をしてもらうよといった話はしました」