2020.09.18

ドラフトでの注目が集まる田澤純一。
BCリーグ入りとNPBへの思いを語る

  • 白鳥純一●取材・文 text by Shiratori Junichi

◆前編:田澤純一が語るいきなりメジャーの12年間

田澤純一が語ったMLB時代と今後 後編

 ルートインBCリーグの埼玉武蔵ヒートベアーズに所属する田澤純一は、「いろいろな人のおかげで今がある」という感謝を胸に、日本で迎えた2020年シーズンを過ごしている。今年6月で34歳になった田澤を支えているのは、「もっといい投手になりたい」という向上心だ。

8月8日にBCリーグ初勝利を飾った田澤 photo by Shiratori Junichi「才能を持っていて羨ましい」という大谷翔平のチームメートとして、ロサンゼルス・エンゼルスで過ごした2018年夏。キャンプ地のアリゾナで、トレーニングをしている時に受けた動作解析が自らのピッチングと向き合う転機になったという。

「動きを細かく見てもらいました。まだまだ自分がよくなっていくという感覚があって新鮮でしたね。年齢を重ねても、当たり前の動きができていないことがあるんですよ。例えば、ダッシュをしてから止まる時に足のぐらつきを少なくするとか。今は、徐々にいろいろな動きができるようになっていく実感があります。

 高校時代は『やらされている』感覚でトレーニングをしたこともありましたが、今は『こうすればできる』というのがわかる。自分が向上していく感覚があるからこそ、野球を続けられています」

 現在は筑波大学の研究室に通って動作解析を続けながら、理想の動きを追い求め続けている。

 新型コロナウイルスの感染拡大の影響に伴い、開幕の目処すらも立たない状況が続いた今シーズンのメジャーリーグ。今年の3月にシンシナティ・レッズを解雇された田澤は、それ以降、所属チームがない状態が続いていた。

「アメリカでは外出禁止措置が取られて、練習ができませんでした。なので3月に練習場所のある日本に帰国して、シーズンに向けた体作りをしていたんです。新しいチームと契約できるかはわからない状況でしたが、目標を立て、自分を信じてやるだけでしたね。チームが決まらない時には、上原(浩治)さんが連絡をくれたりしました。あらためて、いろいろな人との出会いに恵まれ、ここまでやってこられたことを感じた期間でした」