2020.06.18

八重樫幸雄が選ぶヤクルトベストナイン。
背番号1が集結で悩みは遊撃手!?

  • 長谷川晶一●取材・文 text by Hasegawa Shoichi

読者の質問に答えた八重樫氏 photo by Hasegawa Shoichi――八番に投手をおいて、九番に宮本さんを配している理由は?

八重樫 松岡さんはバッティングがいいんですよ。そして、九番に慎也がいれば八番で終わっても問題ない。一番から三番まで左が並んでいるけど、この3人は右にも左にも打てますからね。岩村はクリーンアップだと「絶対に点を取ろう」と何でも食いつきがちなので、一番のほうが選球眼を生かせて適任。それで岩村をトップに据える。で、青木はなんでもできますから、粘れるし、小技で繋いでも打たせてもいい。細工をするなら二番は青木でしょう。そして、若松さん、大杉さん、山田と勝負強いクリーンアップで点を取る。完璧ですよね(笑)。

――本当に切れ目のないいい打線ですね。でも、このリストの中には外国人選手がいないですね。

八重樫 歴代外国人で言えば、ホーナーやペタジーニとか、実力のある選手もいるけど、やっぱり長い期間、チームの中心として頑張ったラミちゃん(ラミレス)ですよね。でも、「歴代ベストナイン」で考えると、ラミちゃんの出番はなかったかな?

――ちなみに、「歴代ベスト監督」「歴代ベストクローザー」など、ここでは挙げられなかった人も教えていただいていいですか?

八重樫 「ベスト監督」は、実績から言っても文句なく野村(克也)さんでしょう。これは誰も異論がないんじゃないかな? そして、「ベストクローザー」は高津臣吾ですよね。記録はもちろんだけど、野村監督の下での黄金時代は高津の存在がとても大きかったと思いますよ。高津が安定しているから、試合の組み立てもしやすかったわけだし。

――なるほど、どちらも納得の結果です。では、「歴代ベスト代打」は八重樫幸雄さんに決定させていただきます。現役晩年の若松さんも、真中満さんもすごかったですが、ご本人の口からは言いづらいでしょうから、僭越ながら独断で決めさせていただきます(笑)。

八重樫 どうもありがとう(笑)。