2020.06.18

八重樫幸雄が選ぶヤクルトベストナイン。
背番号1が集結で悩みは遊撃手!?

  • 長谷川晶一●取材・文 text by Hasegawa Shoichi

「オープン球話」特別編 
八重樫幸雄が読者の質問に答える!前編  

通常の連載はこちら>>

【八重樫幸雄が考える「歴代ヤクルトベストナイン」は?】

――先日(5月19日~6月1日)まで、スポルティーバのツイッターで読者のみなさんに「八重樫さんに聞きたいことは?」と募ったところ、たくさんのご応募をいただきました。ありがとうございます。そこで今回は連載の「特別編」として、読者の方からの質問にどんどんお答えいただきたいと思います。

八重樫 いいですよ。何でも聞いてください!

共にヤクルトの名ショートとして活躍した池山隆寛(左)と宮本慎也(右)photo by Sankei Visual――ではさっそく、東京都の「かずちゃん」さんからの質問です。「プロ野球OBやYouTubeでよくやっている歴代ベストナインが知りたい! ヤクルトバージョンと他球団バージョンでお願いします」とのことです。この質問は事前に八重樫さんにお伝えしましたが、選考は難しかったですか?

八重樫 これはいい質問ですね。でも、選考は本当に難しかったですよ。「彼を入れるとこの人が選ばれない」といったことの繰り返しでしたから。一応、守備位置だけじゃなくて打順も考えたので、なおさら難しかったですね。

――ではさっそく発表をお願いします。まずは「ヤクルトバージョン」から!

八重樫 わかりました。僕が考える「歴代ヤクルトベストナイン」を発表します!

1(三)岩村明憲
2(中)青木宣親
3(左)若松勉
4(一)大杉勝男
5(二)山田哲人
6(右)杉浦享
7(捕)古田敦也
8(投)松岡弘
9(遊)宮本慎也

 いろいろ悩んだけど、これが僕のベストナインです。