2020.06.18

八重樫幸雄が現役最強キャッチャーを選出。
あの決勝戦での好リードが決め手

  • 長谷川晶一●取材・文 text by Hasegawa Shoichi

「オープン球話」特別編 
八重樫幸雄が読者の質問に答える!後編

前編はこちら>>

【八重樫幸雄の「オールタイムベストナイン」を発表!】

――では、前回に続いて読者からの質問に答えていただきます。前回は「歴代ヤクルトベストナイン」を伺いましたが、今回は東京都の「かずちゃん」からの、「歴代ベストナインを教えてください」にお答えいただけますか?

八重樫 これも難しかったけど、まずは先に発表しますね。

1(中)福本豊(阪急)
2(右)蓑田浩二(阪急)
3(一)王貞治(巨人)
4(三)長嶋茂雄(巨人)
5(捕)古田敦也(ヤクルト)
6(左)若松勉(ヤクルト)
7(二)辻発彦(西武)
8(遊)宮本慎也(ヤクルト)
9(投)江夏豊(阪神)

 前回の「歴代ヤクルトベストナイン」と一緒で、今回も「自分の目で見たことがある選手」を基準に選びました。

―― 一番、二番の福本&蓑田は阪急黄金時代、三番、四番の”ON”は巨人V9時代ですね。そして古巣のヤクルトからは3名で、ピッチャーは阪神時代の江夏さんというラインアップです。選考はスムーズでしたか? 難しかったですか?

八重樫 ONはやっぱり外せないですからね。この2人はなんの問題もなかったです。迷ったのは、ライト・蓑田、セカンド・辻、ショート・宮本。このあたりかな?