2020.06.04

八重樫幸雄も笑った真中監督の勘違い。
今永昇太より原樹理を選んだ理由

  • 長谷川晶一●取材・文 text by Hasegawa Shoichi

――もし、日大進学が決まっていなかったら、指名もあり得ましたか?

八重樫 どうだろうな? 当時のうちのチーム事情から言えば「体の小さな外野手よりも大柄な選手を獲得しよう」という雰囲気があったからね。素質は感じられたけど、あの時点ですぐに指名とはならなかったと思います。

――この年はロッテに1位指名された平沢大河(仙台育英)が、東北球界では注目選手でした。当然、八重樫さんもマークされていますよね?

八重樫 注目の内野手ということで、彼はリストアップして球団に伝えました。チームとしてもほしい選手だったと思いますよ。でも、優先順位の問題なのかな? 六大学出身ということもあったのか、1位は髙山俊で行くことにしたんです。そして、指名を外してしまったので原樹理にした。これはスムーズに決まりましたね。

【1位・原樹理、2位・廣岡大志について】

――当初から「髙山を外したら原樹理を指名する」という既定路線だったのですか?

八重樫 そうですね。もちろん、他球団の動向を見ながらではあるけど、原樹理はスカウト陣みんなが見ていたんです。僕も見ました。大学時代の彼は粘っこいピッチングが持ち味でしたね。高橋(昭雄)監督が厳しく指導していたし、何よりも原樹理本人がチャラチャラしていない。そういう面でも、僕は直接の担当じゃなかったけど、「プロできちんとやれるタイプだろう」とは思っていたよ。