2020.05.21

八重樫幸雄も期待した「真っスラ」のドラ1。1軍1試合で終わった理由

  • 長谷川晶一●取材・文 text by Hasegawa Shoichi

――最近、「カットボール(カッター)」と「スライダー」の両方のいいところを持った変化をする「スラッター」というボールも定着しつつありますよね。そんな感じですか?

八重樫 うーん、そうなのかな? 詳しくはわからないけど、竹下の場合はストレートの握りのまま直球を投げると小さくスライドするんですよ。カットボールのようなキュッという変化とも微妙に違うんだよね。もちろんスライダーとも違う。言葉ではうまく説明できないんだけど、あれはバッターにとってはすごく打ちづらい。

――その「打ちづらさ」について、もう少し説明してもらってもいいですか?

八重樫 スライダーは、投手によっても変化幅は違うけど、横か縦にスライドするボールです。ある程度対戦を重ねるとボールの軌道が読めるので、対応することはできるんですよ。一方でカットボールは、手元で小さくキュッと鋭く曲がるので、バットには当たるんだけど芯を外されて凡打になってしまう。で、真っスラというのは真っ直ぐの軌道のまま手元でスライドするんです。手元で曲がるという意味では「カットボール」も「真っスラ」も同じように感じるかもしれないけど、やっぱり違うもの。ゴメンね、言葉で上手に説明できなくて(笑)。

――八重樫さんが対戦してきた中で真っスラの使い手は誰でしたか?

八重樫 昔、大洋にいた間柴かな?