2020.02.04

平石洋介が明かすソフトバンクからの
コーチ就任要請を受諾した真意

  • 田口元義●文 text by Taguchi Genki
  • photo by Kyodo News

平石洋介インタビュー(後編)

前回の記事はこちら>>

「期待よりも不安が大きい」と、平石洋介は淀みなく答えた。

 今年からソフトバンクの一軍打撃兼野手総合コーチとして新たな指導者生活をスタートさせた平石が、胸の内を明かしてくれた。

「これはもう、正直な気持ちです。不安のほうが大きいですよ。楽天に15年もお世話になったっていうのもありますし。誰だってそうじゃないですかね? 新たな環境に足を踏み入れる時って、ものすごく勇気がいることじゃないですか。これは、ホークスだからとかじゃなくて、どこに行くことになっても同じことが言えると思うんですよね」

打撃指導をするソフトバンク・平石洋介打撃兼野手総合コーチ(写真左) 不安──思えば、昨年10月に楽天を退団した時から、平石の心の奥底には常にその感情が住み着いていた。

 ソフトバンクからコーチ就任のオファーが来るまで、平石は本気で「一度、現場を離れて野球を見てみよう」と考えていた。

 理由はいくつかあった。

 まず、レギュラーシーズン終了後の10月に楽天がクライマックスシリーズ(CS)を戦っていたことで、すでにチーム編成に着手している他球団が触手を伸ばしづらいのではないかと考えていたこと。そして、平石自身が一軍監督としてシーズンを戦い抜いたことによって、心身ともに疲弊していたこともあった。平石が当時の胸中を述べる。

「表現は適切じゃないかもしれないですけど、疲れていたのは事実。そんな状況でほかの球団からオファーがあって、指導者として再スタートできたとしても『心のスイッチが入らないんじゃないか?』って……。