2020.02.03

松坂大輔、古巣への想い。ホークス、
ドラゴンズでは言わなかったこと

  • 石田雄太●文 text by Ishida Yuta
  • photo by Kyodo News

 宮崎市内から国道220号線を南へ60キロ。ほとんどが一車線の海沿いの道を車で約一時間半、たらたらと走るこのドライブは、ライオンズが南郷でキャンプを行なうようになってからいったい何度目のことだろう。700万年前の水成岩が白波に洗われ続けた結果、固い砂岩層だけが板の如く積み重なった波状岩、通称”鬼の洗濯板”が印象的なこの日南フェニックスロードはある時期、自分にとって”正月”の風物詩だった。

 2月1日は野球人にとっての”正月”だと言われる。キャンプが始まるこの日を正月だとするならば、1年の計は元旦にありの言葉どおり、2月1日にどの選手を取材するのかということはフリーランスの野球記者には書初めのようなものなのかもしれない。キャンプ初日、誰を取材するのかを自分の意志で決めることができるからだ。

キャンプ初日に笑顔を見せる松坂大輔 松、坂、大、輔。

 令和最初の”正月”に記したのはこの4文字、平成の怪物の名前だった。

 2020年2月1日、第2回WBC(2009年)に向けた調整をするために訪れて以来、11年ぶりとなる南郷に、松坂が帰ってきた。ファンから掛かる声は「お帰り」「お帰りなさい」。松坂はそんな言葉を耳にするたび、照れ臭そうに笑っている。

 ピッチャーが練習するサブグラウンドへの135段の階段を降りてきた松坂は、「これ、帰り、やだなぁ」と呟いた。その昔、階段の手すりに乗って滑り台のように滑り降りた無邪気な20代の松坂はもういない。