2019.12.16

【イップスの深層】赤星憲広が送球難の
沼に引きずり込まれたある事件

  • 菊地高弘●文 text by Kikuchi Takahiro
  • photo by Kyodo News

連載第23回 イップスの深層~恐怖のイップスに抗い続けた男たち

証言者・赤星憲広(1)

前回の記事はこちら>>

 阪神のセンターを守る赤星憲広は、いつも中日戦になると独特の緊張感に包まれていた。とくに打席に井端弘和が立つとなおさらだ。

 井端が持ち前のシュアな打撃でセンター前に打球を運ぶ。ごく普通のセンター前ヒット。だが、赤星はいつも以上に注意深く前進して打球を抑える。視線を一塁ベースに向けると、井端が大きくオーバーランし、今にも二塁を狙う姿勢を見せている。赤星はあわててカットマンまで返球する。ボールがうまく二塁まで到達したのを見て、冷や汗を拭うのだった。

 井端と赤星の密かな攻防に、スタンドでは誰も気づいていなかったかもしれない。だが、赤星にとってこのスリリングさが中日戦の日常だった。現役生活を終えて10年が経った今、赤星は苦笑交じりに振り返る。

現役時代は6度のゴールデン・クラブ賞に輝くなど、名手として知られた赤星憲広「井端さんは僕のことを知っているから、センター前に打ったときだけめっちゃオーバーランしてくるんですよ。時にはスピードを緩めると見せかけて、急に加速することもあったり。『先輩、嫌がらせか!』と思っていましたよ。でもまあ、勝負の世界ですから。人の弱いところを突くのは当然なので」

 赤星の弱みとは、ショートスローにあった。とくにセンター前ヒットの打球をカットマンまで返すという、一般的には簡単に思えるような動作が苦手だった。

 なぜ井端にその弱点を知られているかと言うと、2人は亜細亜大の先輩・後輩の間柄だからだ。井端の1年遅れで赤星が入学してきた。井端は当時の赤星について、こう語っていたことがある。

「僕は大学ではセカンド、赤星は最初サードを守っていたんです。三振を取った後のボール回しで、キャッチャーからサード、ショート、セカンド、ファーストの順番で回していくはずが、赤星がショートに投げた球が僕のところに直接きたんです。『おいおい』とビックリしましたよ。秋の神宮大会も赤星の悪送球で負けましたし、あいつは相当なイップスでしたね」

 赤星が送球イップスを抱えていることを知っていたからこそ、井端は大きくオーバーランを取って揺さぶりをかけていたのだ。赤星によると、中日は井端を筆頭にチーム全体でプレッシャーをかけてきたという。