高卒2年目もずば抜けている清宮と村上。
敵も味方も絶賛する凄さとは

  • 島村誠也●文 text by Shimamura Seiya
  • photo by Kyodo News

 この日も村上は「5番・ファースト」で出場。1打席目は先発の杉浦稔大から四球を選び、満塁のチャンスで迎えた3打席目はダメ押しとなる2点タイムリー。4打席目はロドリゲスの外角チェンジアップをきれいに逆方向に弾き返した。この日、2安打2打点の活躍でチームの勝利に大きく貢献した。

 この試合で日本ハムの先発マスクを任された鶴岡慎也に、村上の印象について聞いた。

「まずスイングの思い切りがいいですよね。若さを前面に出して、恐れずに振ってくる。こちらとしては、一歩間違えたら長打になるので、やっぱり嫌ですよね。なにより、ただ思い切り振り回すだけでなく、狙い球をある程度絞って打席に入っている。打つことに関しての能力がすごく高いと感じました。これからいろいろ研究されて、弱点をどんどん突かれていくと思いますが、そのなかでどう対応して進化していくのかなと。ひとりの野球ファンとしての興味はあります」

 ベテランの鶴岡に、若い世代の選手たちはどのように映っているのだろうか。

「僕らの時代に比べたら、今の若い子たちは体も大きくなっていますし、レベルの高いトレーニング方法も普及している。村上くんにしろ、うちの清宮にしろ、一軍レベルでプレーできる選手が多くなりましたよね。それこそ、これから彼らの下の世代もどんどん出てくると思いますよ。

 清宮にしても、試合に打てなかったらすぐショボンとしたり、まだまだ子どもの部分はありますけど、経験を積んでもっともっと大人になって、将来のプロ野球を支える選手になっていってほしいですよね。こんなことを言うと『また偉そうに』と嫌がられるんでしょうけど」

 鶴岡が「なっ?」と笑うと、その横で試合の準備をしていた清宮が照れ笑いを浮かべていた。

 6月6日、3連戦最後のカードは、村上が「5番・ファースト」、清宮が「6番・ファースト」で先発出場。それぞれが試合の流れを変える活躍を見せた。とくに清宮は3回裏の第2打席で1打点をあげるライト前ヒット。守備でもファウルフライをスライディングキャッチで好捕してみせた。

3 / 5

厳選ピックアップ

キーワード

このページのトップに戻る