2019.05.10

黒田博樹から受け継がれる「カープ魂」。
広島を陰で支える男の証言

  • 前原淳●文 text by Maehara Jun
  • photo by Nishida Taisuke

 リーグ4連覇を目指す広島だが、今季は開幕ダッシュに失敗。一時は借金が8になるなど苦しんだ。それでも徐々に本来の戦いを取り戻し、勝率を5割まで戻した。そんな広島を陰で支える男がいる。”上達屋”を主宰する手塚一志氏だ。

 手塚氏はプロアスリートだけではなく、自分の体を理にかなった動きに操る”操育(そういく)”も指導。都内に運動できる工房を2つ持ち、2017年には広島でも開設。さらに今年3月には横浜にも新施設が完成した。

 2017年からこの工房に通う大瀬良大地の飛躍もあり、次々とカープの選手が手塚氏のもとを訪れるようになった。今では12人の選手が工房に通っている。新たな使命を担う手塚氏だが、そもそも、最初に手塚氏のもとを訪れた広島の選手は、黒田博樹だった。手塚氏はいま、その黒田から脈々と受け継がれる”カープ魂”を感じ取っている。

手塚氏が身体能力の高さに驚いた岡田明丈―― 昨年オフから、さらに広島の選手が増えたと聞きます。

「大瀬良さんが成績を残してくれたこともあり、周りの選手が『なにをやっているの?』と興味を持たれて、それで紹介いただいたようです。今は12人の選手を担当していますが、もとをたどれば黒田さん、新井(貴浩)さんのおかげだと思っています」

―― それはどういったところから感じられるのでしょうか?

「黒田さん、新井さんには、ラグビーでよく言われている”ワン・フォー・オール、オール・フォー・ワン”の精神に通じるものを感じています。これまでラグビー選手も多く担当してきましたが、不思議とラグビー選手は自分がいいと思ったものをチームメイトに教えるんですよね。それがたとえ自分と同じポジションであっても紹介するんです。ひとり勝ちよりも仲間同士でわかち合う喜びを重んずる集団だと感じていました。だから黒田さん、新井さんと接していて、ラグビー選手と似た気質を感じました。実際、新井さんはトップリーグの選手たちと合同練習したこともありましたが、まったく違和感はなかったですね(笑)」