2019.01.23

豪州で好投し元メジャー選手も絶賛。
西武ドラ1左腕の2年目に注目だ

  • 阿佐智●文 text by Asa Satoshi
  • 小池義弘●写真 photo by Koike Yoshihiro

 菊池雄星がシアトル・マリナーズと契約を交わし、念願のメジャー入りを果たした。シアトルでの入団会見では誰もが驚くほどの英語力を披露し、早くもアメリカのファンの心をつかんだ感があった。聞けば、早くからメジャーでのプレーを念頭に、英会話の研鑽(けんさん)に励んでいたという。

 そうしたメジャー志向だった菊池の足跡をたどってみると、「なるほど」と思えるふしがある。菊池が所属していた西武は、2010年秋のオーストラリアンベースボールリーグ(ABL)の発足を受けて、メルボルン・エイシズへ若手有望株の派遣を継続して行なっており、菊池も2011年オフにオーストラリアのウインターリーグに参加している。ある意味、西武の選手にとっては、オーストラリアでのプレーはスター街道への登竜門となっている。

2017年のドラフトで西武から1位指名を受けた齊藤大将 そのオーストラリアでも、今回の菊池のメジャー契約は選手たちの間で話題になっていた。オーストラリア代表の常連でもあるベテラン投手のドゥシャン・ルジックは、かつてオーストラリアでプレーした選手がメジャーリーガーになったことに大きな喜びを感じていた。

「彼がプレーしたシーズン、僕は妻の出産があったためにキャンセルしたから直接面識はないんだけど、いいピッチャーだったと聞いたよ。ABLでプレーしていた選手がメジャーに行くことは、本当に喜ばしいことだよ」

 菊池だけではない。とにかく、日本人投手の評価はオーストラリアですこぶる高い。実際、このオフにABLのキャンベラ・キャバルリーでプレーした今永昇太(DeNA)は、ホップするような回転のいいストレートでマイナーの有望株をまったく寄せつけなかった。

 また、アメリカでプレー経験のあるエイシズのオーストラリア代表常連のベテランも、一緒のチームでプレーした高木勇人と齊藤大将(ひろまさ)のふたりに太鼓判を押す。

 高木は一昨年のオフ、FAで移籍した野上亮磨の人的補償として巨人から西武に移籍してきた右腕である。ルーキーイヤーだった2015年には9勝を挙げ、将来を嘱望されたが、その後伸び悩み、西武移籍初年度となった昨シーズンも一軍登板は8試合にとどまり、わずか1勝に終わっている。