2018.10.13

セ・リーグCSを3人の解説者が予想。
菅野は巨人に奇跡をもたらすか

  • スポルティーバ●文 text by Sportiva
  • 小池義弘●写真 photo by Koike Yoshihiro

 日本シリーズ進出をかけたクライマックスシリーズ(CS)がついに始まる。セ・リーグは、ファーストステージでヤクルトと巨人が対戦。その勝者がセ・リーグ3連覇を達成した広島と戦う。昨年はシーズン3位のDeNAがファーストステージで阪神、ファイナルステージで広島を下し、日本シリーズへと駒を進めた。果たして、今年も”下剋上”は起こるのか。西山秀二氏、野村弘樹氏、門倉健氏の3人の解説者にCSセ・リーグの行方を占ってもらった。

今シーズン、15勝(8完封)と圧倒的な数字を残した巨人・菅野智之 まずファーストステージで戦うヤクルトと巨人の今シーズンの対戦成績は1311敗1分と、それほど大きな差はない。この両チームの戦いにおいて、ポイントはどこになるのだろうか。西山氏の見解はこうだ。

「ともに1点を守り切るというチームではないので、やはり打ち合いになるんじゃないかと思います。ヤクルトは3度目のトリプルスリーを達成した山田哲人、セ・リーグ打点王がほぼ確実のバレンティンを軸に、破壊力のある打線が強みです。一方の巨人も、4年目の岡本和真が大ブレイクし、ここにきてベテランも調子を上げている。1点勝負の展開にはならないような気がします」

 一方、野村氏と門倉氏は、投手の出来が勝敗のカギを握るという。

「レギュラーシーズンに比べて短期決戦はリードも慎重になりますし、それほど打ち合いになるイメージがありません。投手陣の出来が勝敗を大きく左右するような気がします。とくにヤクルト・ライアン(小川泰弘)、巨人・菅野智之の両エースのピッチングは重要になると思います」(野村氏)

「もちろん先発は大事ですが、短期決戦は早め早めの継投になります。理想は先発が6~7回を投げて、あとをリリーフに託す展開ですが、それは本当に難しい。そうなると、ミドル、ロングを投げられる投手が必要になります。そのポジションを誰にするのか、継投のタイミング、ベンチワークも重要になってきます」(門倉氏)