2018.10.10

森友哉は「球界の絶滅危惧種」。
「打てる捕手」として進化を遂げた

  • 中島大輔●取材・文 text by Nakajima Daisuke
  • photo by Jiji Photo

 打率.275(リーグ15位)、16本塁打(同18位)、80打点(同9位)――。

 今季の数字だけを見ても好打者ぶりが伝わってくるが、捕手というポジションを考慮すると、その成績が一層光って見える(今季の成績は10月8日時点)。

正捕手としての地位を着実に固めつつある森友哉 高卒5年目の2018年シーズン、西武の森友哉は捕手として74試合、指名打者で49試合に先発出場し、10年ぶりの優勝の立役者になった。

 球界の”絶滅危惧種”となりつつある「打てる捕手」の価値は、パ・リーグのキャッチャー陣と打撃成績を比べるとよくわかる。そもそも規定打席に達する捕手は田村龍弘(ロッテ)のみで、打率.241。本塁打と打点はリーグのトップ30位に入る者さえいない(※日本ハムの近藤健介は捕手登録だが、今季1度も捕手として出場していないので除外)。森は指名打者としての出場も3~4試合に1度ほどあるが、逆に打力の高さを示している。

「本当に『いいキャッチャーだな』って言われるようになるには、どんなにいい選手でも3年〜5年はかかります」

 森を二軍時代から指導してきた秋元宏作バッテリーコーチは、ルーキーイヤーの夏にそう話していた。当時はピッチングマシーンの球を捕るという地味な練習を繰り返し、キャッチング技術を磨いた。キャッチャーにとって捕ることは原点で、そこから送球、リードにつながっていくからだ。

 あれから4年が経った今季、森は74試合と西武でもっとも多く先発マスクをかぶった。球界トップクラスの守備力を誇る炭谷銀仁朗が41試合、大阪桐蔭の先輩でもある岡田雅利が28試合と両者を押しのけた格好だ。森は一軍で実戦経験を重ねることで、捕手として実力に磨きをかけたと秋元コーチは語る。

「練習でやってきたことをゲームでできるようになり、全体的にレベルアップしていると思います。リード面に関してはまだおっかなびっくりなところはあるけれども、そのなかであいつ自身が感じられることが増えてきているので。去年まではシーズン終盤の順位が決まったときに守っていたけど、今年は開幕からチームが首位にいるなかでマスクをかぶって、メンタルの成長も大きかったと思います」