2017.06.02

長田、加藤康、カラバイヨ…。
独立リーグ「選手兼コーチ」たちの想い

  • 阿佐智●文・写真 text&photo by Asa Satoshi

 プロ野球を辞めた者のほとんどが、引退後も野球に携わる職に就きたいという。独立リーグは、そういう希望をもった者たちに、残りの現役生活と、指導者修行の場を与えている。

 長田は、現役選手としてプレーするのは今シーズン限りの腹づもりでいる。のあと、指導者の道に進むのか、それとも野球と別の道に進むのかについては聞かなかったが、ただひとつ言えるのは、BCリーグでプレーすることによって、自身が納得した形で"引退"できるということだ。

 兼任コーチの彼らもまた、セカンドキャリアという"夢"に向かって進んでいるのだ。

プロ野球記事一覧>>

関連記事