スワローズ必勝の法則。中村悠平が
攻守で粘ればチームは勝てる!

  • 島村誠也●文 text by Shimamura Seiya
  • 小池義弘●写真 photo by Koike Yoshihiro

 野村克則バッテリーコーチは、中村について次のように語る。

「成長はしていますが、キャッチャーにゴールはないですから。やっぱり、僕たちが求めるものも高くなってくるので......。これからひと皮もふた皮もむけてほしいですね」

 期待しつつも、厳しさも忘れなかった。野村コーチが続ける。

「まだキャッチャーらしさが足りないですよね。『自分本位になりがちだ』と、指摘しています。簡単に言えば、ピッチャーにもっと愛情を持って、ときに優しく、ときに厳しく......ピッチャーもいろんな状況があって苦しんでいるわけだから、細やかな気配り、目配りができるのが理想のキャッチャーです。まあ、急に変われるわけじゃないんですけど。開幕戦のロペスへの(ホームランになった)1球とかは『まだ足りねーな』って(笑)。でも、失敗は次に生かすもの。新しいものを見つけてやろうという向上心が見えるし、それがいい結果につながっていると思いますよ」

 開幕前、中村は「今年は"粘る"ということをテーマにしています」と話していた。

「優勝した一昨年は、点を取られても最少失点で切り抜けたり、次の点を与えないことが多かったですよね。でも昨年は、序盤から大量失点してしまったり、自分のリードも含め、粘れなかった」

 そして第3戦は、中村の言う「粘り」がチームに劇的な勝利をもたらした。先発した新外国人のオーレンドルフは苦しみながらも6回4失点となんとか試合をつくり、その後は2度の二死満塁を切り抜けるなど、相手に得点を与えなかった。延長となった10回表は秋吉亮が三者凡退でリズムをつくると、その裏の攻撃で鵜久森淳志が代打サヨナラ満塁本塁打を放ち劇的勝利を飾ったのだった。

4 / 5

厳選ピックアップ

キーワード

このページのトップに戻る