2016.06.24

独走は許さん!
パのライバルたちが語る「ソフトバンクに勝つ方法」

  • 島村誠也●文 text by Shimamura Seiya
  • 小池義弘●写真 photo by Koike Yoshihiro

 プロ野球は「セ・パ交流戦」が終了。パ・リーグは、ソフトバンクが相変わらずの強さを発揮し、独走状態となっている。24日からリーグ戦が再開されるが、ライバル球団はこの先「王者ソフトバンク」にどう立ち向かっていくのだろうか。

2年連続で交流戦優勝を飾ったソフトバンク・工藤公康監督

 現在2位のロッテはソフトバンクに3勝7敗1分と負け越しており、ゲーム差も7.5と大きく引き離されている。先発投手の石川歩にソフトバンクの印象について聞くと、「1点差の試合をモノにしていく力があり、隙もないのですが、絶対に勝てない感じではありません」と話す。

 石川はここまでパ・リーグの防御率1位で、ソフトバンク戦には2度先発。ともに好投したものの、ロースコアでの敗戦投手となっている。

「もちろん、いい打者が揃っていて気が抜けませんが、どちらかといえばソフトバンクはピッチャーがいいので……。僕が投げたときは2度ともバンデンハークが相手で、5~6回をゼロで抑えていても劣勢ムードでした。仮に1対0でリードしていたとしてもしんどいですよね。ほかのチームでも同じことが言えますが、ソフトバンクの場合はそういう展開になる確率が高い。1点リードされれば、すごくリードを許している感じがします(笑)」

―― ソフトバンクと対戦するときは、ひとつのミスや失投も許されない感じでしょうか。

「僕は、ソフトバンクだからといって必要以上に力を入れないようにしたい。自分のピッチングをすることが第一です。内川(聖一)さんには、勝負どころで力を入れすぎて、甘く入ったところを打たれたことがあるので……。それはこの前の試合で感じました。逆に内川さん以外は力んだほうがいいのかなと。直接対決で勝てばゲーム差は縮まるので、なんとかチーム全員で挑みたいですね。でも、やっぱりソフトバンクは強いですよ」