2015.12.26

今江敏晃「楽天に行ってもロッテのガムは噛み続けます」

  • 菊地高弘●文 text by Kikuchi Takahiro
  • photo by Kyodo News

 事実上の"移籍宣言"だったFA宣言を終えた、ある日の練習。今江敏晃がグラウンドに出ると、いつも今江を熱心に応援してくれているマリーンズファンの姿が目に入った。

「いつも応援してくれていたのに、ごめんね」

楽天への移籍が決まった今江敏晃(左)。右は梨田監督

 今江がファンに詫びると、思いがけない言葉が返ってきた。

「なんで謝るの? 私たちは別にロッテだからじゃなくて、今江選手を応援していたんだから。謝らないでくださいよ!」

 11月22日に行なわれたロッテのファン感謝デーでも、今江を待っていたのはマリーンズファンからの励ましの声だった。

「ファンの方から『どこへ行っても応援しているよ』と言われて、ものすごくうれしかったですね。もちろん、なかには『なんで行っちゃうんですか?』という声もあったんですけど、そう思ってもらえること自体が、ありがたいことですからね」

 そして今江は冗談めかして、こう続けた。

「今はもう、『ロッテ戦では打たないでね』とよく言われます」

 PL学園を卒業して以来、14年間所属した球団を離れ、2016年から東北楽天ゴールデンイーグルスに移籍することになった今江敏晃。日頃からマリーンズへの愛着を公言していた今江のFA宣言は、多くのファンの動揺を誘ったに違いない。

「人生でもこれ以上に悩んだことはないというくらいに悩みました。今までのすべての悩みが小さいと思えるくらいに......」

 11月10日、今江はFA権の行使を宣言。ロッテはFA宣言をした上での残留を認めていないため、事実上の移籍表明となる。今江は会見中に涙を流した。