2015.11.22

メジャースカウト直撃。侍ジャパン「ほしい選手、いらない選手」

  • 永塚和志●文 text by Nagatsuka Kazushi
  • photo by Getty Images

 メジャーリーガーがいないといっても、プレミア12がメジャーをはじめとするスカウトたちにとって格好の品評会であることに変わりはない。彼らの目は出場する12チームの選手のすべてに向けられるが、侍ジャパンの面々に対する視線はとりわけ熱い。

 日本の野球ファンにとっては言わずもがなかもしれないが、プレミア12でもスカウトたちから最も注目を集めるのは前田健太(広島)、大谷翔平(日本ハム)といった投手陣だ。

準決勝の韓国戦で圧巻の投球を披露した大谷翔平

 話を聞いたメジャー球団のスカウトのひとり(スカウトA氏)は「前田の安定感は素晴らしい。田中将大やダルビッシュと比べるとやや格は落ちるが、それでもメジャーのバックローテーションを担うのに十分な実力を備えている」と評価する。大谷については「あの球威なら多少の制球ミスも問題にならない。今すぐにでもメジャーで活躍できる」とやはり太鼓判だ。

 準決勝の韓国戦で敗戦投手となったものの、大会を通して評価をさらに上げたのが則本昂大(楽天)だ。今大会は本業の先発ではなくリリーフとして起用されたが、最速157キロを計測するなど、うなるようなボールを投げた。別のメジャー球団スカウト(スカウトB氏)は則本にこれほどリリーフの資質があるとは感じていなかったようで、「あれだけハードに投げられるのならメジャーでは先発よりもリリーフのほうが成功するかもしれない」と述べた。

 他の投手たちについても軒並み評価は高く、やはりメジャースカウトは投手を中心に見ていることを再認識した。