2015.03.23

開幕直前。外国人投手たちの嘆き「日本のマウンドは××だ」

  • 島村誠也●文 text by Shimamura Seiya
  • 小池義弘●写真 photo by Koike Yoshihiro

―― ボールの違いについてはどうですか。

「メジャーのボールはよく滑ります。だから、フォークを投げるピッチャー、コージ(上原浩治)やタザワ(田澤純一)などは、アメリカの滑るボールの方が投げやすいし、落ちがいいと思います。日本のボールはベタついているんだけど、マイナーリーグのボールと少し近い感じがしました。でも、カーブなどは日本のボールの方がしっくりくるので投げやすいですね」

―― 来日1年目のオンドルセク投手(ヤクルト)がボールの違いの対応に追われているようです。

「自分も最初はフォークがワンバウンドしていました。このことについては、時間が解決してくれると思います。僕も、今はフォークでストライクが取れるようになったので……。ボールやマウンドについて、技術的なアドバイスは特にありません。大事なのは、違う国に来て野球をやっているということを受け止めて、自分がその環境にアジャストしていくことです。そして我慢。忍耐強くやるしかありません(笑)」

ルイス・メンドーサ(日本ハム/来日2年目)

―― 日本に来て、ボールやマウンドで苦労したことはありますか?

「マウンドはそんなに気にならなかったけど、ボールはちょっと小さくて、軽いなと感じました。ただ、慣れるのにそう時間はかからなかったよ」

―― マウンドは、ロサ投手(ロッテ)やサファテ投手(ソフトバンク)が、穴がボコボコあって大変と言っていました。

「フフフフ。確かに、あれはタフだ。ボコボコになっている時は、踏み出した足をずらして投げているよ」