2015.03.12

黒田博樹×桑田真澄 対談「変えなきゃいけないことが多すぎる」

  • 石田雄太●文 text by Ishida Yuta
  • 梅田雄一●写真 photo by Umeda Yuichi

桑田 日本だと2月のキャンプでは投げ込め、走り込め、これが夏場に生きてくると教えられたのに……。

黒田 まったく違いますよね。投げ込みはないですし、走り込みもほとんどありません。向こうの選手たちは走り込みだと思っていたかもしれませんけど、あの程度じゃ、日本人の感覚ではとても走り込みとは言えないくらいのランニングです。

桑田 マウンドの硬さ、軟らかさとか、マウンドの高低も違うでしょう。

黒田 メジャーのマウンドは高いし、硬いんで、体重を目いっぱい、前に乗せられる感覚があったんです。でも、こっちはちょっと軟らかい感じですね。特に沖縄の土はやわらかいので、踏み出した左足がしっかり噛んでくれない。体重をめいっぱい乗せたとき、ちょっとブレてしまうんです。そこは修正しないといけないなと思っています。 

(後編に続く)

【プロフィール】
桑田真澄/1968年4月1日、大阪府生まれ。PL学園高時代は5季連続甲子園に出場し、2度の全国制覇を達成。85年のドラフトで巨人から1位指名を受け入団。2年目の87年に15勝を挙げるなど、巨人の主力投手として活躍。06年に巨人を退団し、MLBのピッツバーグ・パイレーツとマイナー契約。07年6月9日にメジャー昇格を果たし、10日にメジャー初登板。08年3月に現役を引退。現在は解説者など、多くの分野で活躍している。

黒田博樹/1975年2月10日、大阪府生まれ。上宮高時代は控え投手だったが、専修大に進学後に頭角を現し、96年ドラフト2位(逆指名)で広島に入団。長きにわたり広島のエースとして活躍し、08年にFAでドジャースに移籍。12年から3年間はヤンキースでプレイした。昨年12月、8年ぶりに古巣・広島への復帰を発表した。

※黒田博樹×桑田真澄の対談(マガジン版)は、3月18日に発売される『グランドジャンプ』に掲載します

 桑田メソッド3月18日、2冊同時発売!!
父と子に贈る新・提言!

野球界の常識にダウト―――。
お父さんコーチ、野球が好きな子どもたちへ贈る新しい野球マンガのカタチ!!

KUWATAメソッドⅠ
「桑田真澄の常識を疑え」(主婦の友社)
本体1500円+税
桑田真澄の現役時代を支えた理論、引退後の野球にまつわる研究成果がついに明らかに!野球が好きな子どもたち、指導者やお父さんコーチに贈る、野球のココロエ現代版!

KUWATAメソッドⅡ
「ダウト」立沢克美
監修 桑田真澄(集英社)

定価 本体600円+税
(書籍扱い愛蔵版コミックス)
熱血高校野球マンガ「ポンチョ」の立沢克美が描く新しい野球マンガのカタチ。学童野球を舞台にお父さんコーチと子どもたちが「野球の常識」に立ち向かう。桑田メソッドをわかりやすくちりばめた、野球のタシナミ現代版!

プロ野球記事一覧>>

関連記事