2014.04.14

メジャースカウトが次に狙う日本人選手はこの6人

  • 永塚和志●文 text by Nagatsuka Kazushi
  • 益田佑一●写真 photo by Masuda Yuichi

 メジャー初先発、初勝利を飾るなど、順調なスタートを切った田中将大(ヤンキース)。7年1億5500万ドル(約161億円)という巨額の契約を結んだヤンキースにとっては、ホッと一安心したことだろう。そんな田中の活躍をよそに、メジャースカウトたちは次の日本人選手の獲得を目指し、日々活動に励んでいる。

抜群の制球力と高い奪三振率でメジャースカウトの注目を集める平野佳寿。

 田中のあと、メジャースカウトたちが狙う日本人選手は誰なのか。何人かのスカウトに聞くと、「田中ほどの騒ぎにはならないかもしれないが、間違いなく狙っている選手はいる」と語る。その筆頭が、広島のエース・前田健太(25歳)だ。実際、前田自身もメジャー移籍を希望しており、スカウトたちの注目も高い。ナ・リーグ某チームのスカウトは次のように語る。

「田中に比べて、体力的な不安はありますが、前田は間違いなく欲しい選手。昨年のWBCの実績もあるし、何より制球力が抜群。岩隈久志(マリナーズ)とイメージがダブる。メジャー移籍が決まれば、手を上げる球団は複数出るのは間違いないでしょう」

 前田は海外FA権を取得するまでまだ3年あるが、もしポスティングでの移籍を球団が容認すれば、今年のオフの移籍も現実味を帯びてくる。そうなれば、前田自身が好成績を挙げてチームを上位に導いていけば、その時に、さらに評価は上がるに違いない。そして何より、前田の場合は年齢的な魅力がある。関心を持つ球団はかなりの数になるのではと予想される。

 では、前田の他にはどうか。ここに来て評価を上げているのが、オリックスの平野佳寿(30歳)と金子千尋(30歳)の両投手だ。平野について、ナ・リーグスカウトは次のように語る。 

「ストレートは150キロ前後あり、スライダーとフォークのキレも素晴らしい。何より四球が少なく、三振を奪えるのが最大の魅力。リリーフを必要としている球団はたくさんあるだろうし、彼がメジャーを希望すればいくつかのチームが手を上げると思うよ」

 昨シーズン、平野は62回2/3を投げて、奪三振71、与四球14と抜群の成績を収めた。この安定した成績は上原浩治(レッドソックス)に通じるところがあり、複数の球団が獲得に動くだろうというのがスカウトたちの見方だ。