2014.03.24

ドラフト5位も実力は本物。ロッテの4番・井上晴哉ができるまで

  • 佐伯要●文 text by Saeki Kaname
  • photo by Nikkan sports

 ロッテのドラフト5位ルーキーが注目を集めている。井上晴哉。身長180センチ、体重114キロ。球界の日本人最重量選手だ。

 パワフルなスイングと、コースに逆らわずに打てる柔らかさを兼ね備えた右のスラッガーとして評価され、昨秋のドラフトで5位指名を受けて日本生命から入団した。

オープン戦で首位打者に輝いたロッテ・井上晴哉。

女子プロレスラーのアジャ・コングに似ていることから「アジャ」と呼ばれていること、ロッテのお菓子「パイの実」が大好物だとアピールしていること、今春の石垣島キャンプ中にはチームの先輩であるG・G・佐藤と相撲で対決したこと……など、これまで野球以外の話題が多かった。あまりにも野球以外の取材が殺到したため、伊東勤監督が井上を野球に専念させるべく、バラエティ色の強い取材を控えるように要望したほどだ。
 
 だが、話題だけの選手ではないということを、本人が証明した。

 3月20日の時点でオープン戦12試合に出場し、打率.412をマーク。伊東監督も「ここまでよく頑張ってくれている。可能性としては開幕で4番に座ることもある」と高く評価した。

 それでも、井上は言った。

「一軍にいられるとは限らない。まずはアピールしないといけないと思っています」

 言葉通り、その後のオープン戦でも好調をキープする。3月23日に神宮球場で行なわれたヤクルト戦では、二回にメジャー通算26勝の左腕・ナーブソンから左翼ポール際へ2試合連続となるソロ本塁打を放つなど、4打数3安打。これでオープン戦の打率が.435となり、首位打者となった。

 オープン戦でルーキーが首位打者となるのは、1965年のドラフト制度導入後、初の快挙。これで、ロッテでは1950年の戸倉勝城以来となる新人の開幕4番の座を射止めた。