2019.03.02

菊池雄星が告白。移籍真相とイチロー愛
「マリナーズがダントツでした」

  • 石田雄太●文 text by Ishida Yuta
  • 甲斐啓二郎、田口有史●写真 photo by Kai Keijiro,Taguchi Yukihito

菊池雄星インタビュー(前編)

 花巻東高時代からメジャーへの憧れを抱き続けていた菊池雄星が、ついにその夢を叶えた。オフにポスティングでのメジャー移籍を表明し、菊池が選んだチームはシアトル・マリナーズだった。メジャーのユニフォームに袖を通した今、何を思うのか。メジャー挑戦までの経緯、マリナーズに決めた理由、すべてを語った。

ポスティングによりマリナーズ入団を果たした菊池雄星── ついに夢が叶いました。メジャーに来て、今、どんなことを感じていますか。

菊池 ホントですね……プロに入って5年目ぐらいまでは、メジャーへ行けるなんて思いもしませんでした。日本で一軍にいられるかどうか、ライオンズでローテーションを守れるかどうか、いかにして2ケタ勝つか、みたいなところで戦っていた時は、高校の時にメジャーへ行きたいと思っていた気持ちにフタをしていましたからね。ケガもありましたし、ほかにもいろいろあって……もうメジャーはあきらめなければならないのかな、と考えていた時期が長かったように思います。

── そのフタをした気持ちは、その後、自然とフタが開いていたのか、それとも何かをきっかけに自分でもう一度、フタを開けたのか、そこはいかがでしょう。

菊池 心の奥底ではずっと行きたかったんですけど、今の実力じゃ無理だという状態が続いていました。それが6年目のオフ、ドジャースタジアムへ行ったことがきっかけで気持ちが大きく揺り戻されたんです。あの時から「行きたい」という気持ちが、「絶対に行くんだ」という思いに変わりました。(2015年の)メッツ対ドジャースのディビジョン・シリーズだったんですけど、その試合をスタンドで観ながら、「やっぱり僕もここでやらなきゃ」と痛感したんです。もう、ゾクゾクっと全身に震えがきて、アメリカに来なければ僕の野球は終われない、ということを本当に感じました。

──  覚えているシーンはありますか。

菊池 僕はクレイトン・カーショウ(ドジャース)みたいに投げたいと、ずっと思ってきました。そのカーショウのキャッチボールをスタンドの最前列で見ながらそれだけでドキドキして、そのあと、試合で投げるカーショウのピッチングも見ました。僕、たとえば何かを食べたいと思った時、「カーショウだったら何を食べるだろうか」といちいち考えて、常にカーショウをイメージしながら行動してきたんです。でも、あの雰囲気のなかでのピッチング、とてもマネのできる次元じゃないなと思い知らされました。