2019.02.18

メジャー6年目。田中将大は
「エリートレベル」の投手になれるか

  • 杉浦大介●文 text by Sugiura Daisuke
  • photo by Getty Image

「今のところは順調です。もちろん、これからいろいろ出てくるとは思いますけど、(何かが起こっても)バタバタすることはないですね」

 ニューヨーク・ヤンキース投手陣のキャンプが始まった2月14日(現地時間)。フロリダ州タンパにあるキャンプ地のロッカルームで、田中将大はリラックスした表情でそう述べた。日焼けした顔からは精悍(せいかん)な印象を受けたが、新シーズンへの手応えを感じさせた理由はそれだけではあるまい。

 昨シーズンまで、日本人としては史上初となる「メジャーデビューから5年連続での2ケタ勝利」を達成。また、プレーオフでの通算防御率1.50(ポストシーズンで5戦以上先発した投手の中で歴代5位)という数字も燦然(さんぜん)と輝く。新陳代謝が激しく、”日本人投手たちは慣れられたら厳しい”とされるメジャーの世界において、田中が残してきた成績は胸を張っていいものだ。

ヤンキースで6年目のシーズンを迎える田中 過去2年、2015年に14勝(7敗)を挙げたソニー・グレイ(現シンシナティ・レッズ)がヤンキースで苦戦したように、ニューヨークは才能ある選手が誰でも活躍できる場所ではない。かつては井川慶など、この街で輝けなかった日本人投手もいたが、田中の場合は”ニューヨークの成功者”というイメージが確固たるものになっている。

「マサ(田中の愛称)は、先発ローテーションのどんな位置だろうと気分よく起用できる。開幕戦でもプレーオフでも自信を持ってボールを託せる。マサをどこで起用するかについて、私たちはまったく心配していない」

 アーロン・ブーン監督のそういった言葉は、単なるリップサービスではないはずだ。これまでの安定した実績を考えれば、田中がメジャーで迎える6年目のシーズンも優れた成績を残す可能性は高いだろう。

 だが、そんな田中にも”突っ込みどころ”がないわけではない。昨シーズンの12勝5敗、防御率3.75という数字はハイレベルだが、シーズン中には投球が不安定になる時期もあった。夏場の故障離脱から復帰した後に再びペースを上げたのは見事だったが、トータル156回というイニング数は、エース級の投手としては物足りない。

 繰り返すが、ピーク時の田中のパフォーマンスはメジャーでもトップクラスだ。1年目の前半戦は11勝1敗、防御率1.99と最高のスタートを切り、2017年プレーオフでは3試合で防御率0.90と完璧な投球を披露した。さらに昨季プレーオフの地区シリーズでも、後に世界一まで上り詰めるボストン・レッドソックス打線を5回まで封じ込めるなど、ビッグゲームでの支配的な投球を挙げていけばキリがない。