2018.07.30

大谷翔平は巻き返せるか。
新人王争いはヤンキースの若き大砲が最有力

  • 福島良一●解説 analysis by Fukushima Yoshikazu
  • photo by AFLO

 5月の成績は24試合に出場して打率.325・9本塁打・24打点をマーク。その結果、ア・リーグの月間最優秀新人賞に選ばれました。4月に同賞を獲得した大谷選手の連続受賞を阻んだので、彼の名前を覚えている人も多いのではないでしょうか。

 デビューした当初、トーレスの打順は9番でした。ところが、ラストバッターとしてホームラン9本を放って評価を上げ、6月30日のボストン・レッドソックス戦ではついに初の4番に抜擢されたのです。

 昨年メジャー最多の59本塁打を打ったジャンカルロ・スタントンや、メジャー2年目でホームラン王に輝いたアーロン・ジャッジを擁するなど、名門ヤンキースのラインナップは他のチームとは一線を画します。そのメジャー屈指の強力打線において、トーレスが4番の座を射止めたのは大きな驚きでした。ヤンキースの歴史を振り返っても、21歳199日での4番抜擢は1953年のマントルに次ぐ若さです。

 ただ、そんな衝撃的な出来事を成し得たにもかかわらず、トーレス本人は「自分はホームランバッターではなく、コンタクトヒッターだ」と言っています。今年のオールスターのホームラン競争も辞退するなど、その言動にも驚かされました。

 現在、トーレスの成績は打率.289・15本塁打・42打点。強力打線のなかでチーム5位の本塁打数をマークしています。オールスター前に故障者リスト入りして15試合欠場しましたが、復帰後も好調をキープすれば、1963年にジョー・ディマジオが21歳で29本塁打を打った記録を更新するのではないかと言われています。

 実に話題の多い選手なので、後半戦も楽しみな存在です。今のところ、トーレスがア・リーグ新人王候補の最有力ではないでしょうか。大谷選手が復活して巻き返すか、それともトーレスがさらに爆発するか、後半戦もニューカマーから目が離せません。

ナ・リーグ編はこちら>>

◆Dバックス顧問が分析。関西人・平野佳寿に必要なのは「完璧な落ち」>>>

◆マック鈴木から結城海斗へ助言。「なんでもマネ」で英語はうまくなる>>>

関連記事