2018.07.31

メジャー最速170キロも目前。
新・人類最速男の衝撃は大谷翔平級

  • 福島良一●解説 analysis by Fukushima Yoshikazu
  • photo by AFLO

2018年のMLBニューカマー@ナ・リーグ編

 大谷翔平選手の衝撃デビューがアメリカ全土で話題となったメジャーリーグ前半戦。ロサンゼルス・エンゼルスの所属するア・リーグに対し、ナ・リーグではどんなニューカマーが台頭してきたのか。シーズン前半戦で注目を集めた投打の若手有望株をピックアップしてみましょう。

「2018年のMLBニューカマー@ア・リーグ編」はこちら>>>

度肝を抜く球速で一躍脚光を浴びたジョーダン・ヒックス まず、ピッチャーでは、ジョーダン・ヒックス(21歳)を紹介しなければならないでしょう。ナ・リーグ中地区に所属するセントルイス・カージナルスの若きリリーフ投手です。

 ヒックスはテキサス州のヒューストン出身。テキサスといえば「伝説の速球王」ノーラン・ライアンを筆頭に、幾多の豪腕投手を生み出してきた土地です。ヒックスもアマチュア時代から剛速球で名を馳せ、2015年のドラフト3巡目・全体105位でカージナルスに入団しました。

 プロ入りしてから昨年までの3年間、ヒックスはずっとマイナー生活でした。しかも、シングルAより上で投げたこともありません。しかし、今年のキャンプに招待選手として呼ばれたときに好投を披露し、見事に25人の開幕ロースターに選ばれました。

 3月29日、ニューヨーク・メッツとの開幕戦。ヒックスは5番手としてマウンドに立つチャンスを掴みます。そして、衝撃だったのは、その初球です。ヒックスの投げた球は、なんと100.3マイル(約161.4キロ)をマーク。さらに、最速101.6マイル(約163.5キロ)のボールを投げて関係者の度肝を抜きました。

 その後の試合でも、ヒックスの豪腕ぶりは止まりません。投げるごとに100マイル級の記録を連発。そして5月20日のフィラデルフィア・フィリーズ戦では、あの「人類最速男」アロルディス・チャップマンのメジャー記録に並ぶ105マイル(約168.9キロ)を2度もマークするという快挙を成し遂げたのです。