2015.12.06

石井一久氏に聞く。「マエケンはメジャーで成功できるのか?」

  • 島村誠也●取材・文text by Shimamura Seiya   山本雷太●写真 photo by Yamamoto Raita

現在は吉本興業契約社員、石井一久氏石井一久氏インタビュー(前編)

 石井一久氏は2013年に現役を引退。現在の肩書きは「高卒枠採用の吉本興業の契約社員」となっているが、球歴は輝かしく、セ・パ両リーグとメジャーリーグでシーズン10勝以上を記録、そして、セとパとメジャーリーグで優勝も経験(※)。唯一無二の実績を持っている。その石井氏に「日本人メジャー投手の現在地」と「広がるセとパの実力差」について語ってもらった。
※92、93、95、97、01年ヤクルトで優勝、04年ドジャースで地区優勝、2008年西武で優勝

――まず、マエケンについて伺います。広島の前田健太投手がポスティング制度での、メジャー移籍を目指すことが発表されました。

「持っているボール自体はメジャーでも大丈夫だと思います。(問題は)そのボールをメジャーで投げられるのか。メジャーのシーズンを中4日、中5日で回っていく中で、どうやって体力を回復させていくのか。日本の場合は中7日、中6日あるので、体力は自然に戻ってくるのですが、アメリカの場合は『どうやって回復させていくか』なので」

――石井さんは、メジャー時代に中4日での回復には苦労されたのですか。

「そうでもなかったですね(笑)。ただ、身体の丈夫さにも個人差があるし、肩肘の回復具合もそれぞれですからね。あとボールの違いが肩肘にどのくらいの負担をかけるのか。メジャーのボールは日本よりちょっと大きめで、それは何ミリ違うとかでなく、ボールを握ったときのフィーリングの問題なんです。縫い目の違いもありますし、そういったところで大きく感じるかもしれません。

 僕自身はボールが滑ることも気になりませんでしたが、感覚は人によって違うので。なんとも言えないところです。ただ、いい意味でアバウトさを持つことは大事ですね。言えるのは、メジャーのボールが日本のものより小さいことはない、ということです」