2015.04.21

【MLB】覚えていますか?あの元助っ人外国人は今

  • 福島良一●解説 analysis by Fukushima Yoshikazu  photo by AFLO

 日米で野球シーズンが幕を開け、日本プロ野球とメジャーリーグ、ともに序盤戦から盛り上がっています。日本では、広島に復帰した元ニューヨーク・ヤンキースの黒田博樹投手が投げて注目の的に。対するメジャーリーグでも、以前日本でプレーしていた助っ人外国人の姿をちらほら見かけます。

今年はジャイアンツでプレーしている元楽天のケーシー・マギー かつて、日本でプレーした外国人選手がメジャーに復帰して活躍するのは、極めて珍しいケースでした。たとえば1975年、巨人初の「青い目の助っ人」として来日したデーブ・ジョンソンは、2年間日本でプレーしたのち、1977年にフィラデルフィア・フィリーズでメジャーに復帰。3番に歴代最高の三塁手と称されるマイク・シュミット、4番に打点王のグレッグ・ルジンスキーという球界を代表するバッターに続き、5番打者として巨人の元助っ人が打席に立ったときは、信じられない光景に興奮したものです。

 その後、1990年に元阪神のセシル・フィルダーがデトロイト・タイガースで本塁打王と打点王に輝き、翌1991年には元巨人のビル・ガリクソンがタイガースで20勝をマーク。また、1993年には創設1年目のフロリダ(現マイアミ)・マーリンズで、元西武のオレステス・デストラーデが初代4番バッターを務めました。どれも日本で話題となりましたが、1990年代前半までは稀(まれ)な出来事だったのです。

 しかし、1995年に野茂英雄投手がロサンゼルス・ドジャースでメジャーデビューを果たすと、少しずつ状況が変化していきました。日本人メジャーリーガーが次々と活躍することによって、アメリカにおける日本プロ野球の見方が変わっていったからです。そのころから、日本でプレーした助っ人外国人のメジャー復帰も珍しくなくなってきました。さらに、時を同じくしてメジャーの球団数が拡張したことも大きいでしょう。日米間の実力差が縮まり、選手の需要も高まったことで、日本で結果を残した外国人選手たちのメジャー復帰が増えていったのです。