2022.07.11

大阪桐蔭はなぜ強く、プロ野球選手が生まれるのか。OBで元阪神・岩田稔が明かす「指導法、練習環境、食事法…」

  • 中島大輔●文 text by Nakajima Daisuke
  • photo by Nikkan sports

岩田稔インタビュー(前編)

 夏の甲子園に続く地方大会が各地で始まるなか、全国制覇に最も近いと見られるのがセンバツ王者の大阪桐蔭だ。名門の地位を着々と固める同校は、高校野球での栄冠の先にプロでの活躍も見据えられ、有力中学生たちの憧れの的になっている。

 1998年に就任した西谷浩一監督のもと、強さの"出発点"となったのが2001年のチームだった。甲子園にこそたどり着けなかったものの、プロ野球で6度の本塁打王に輝いた中村剛也(西武)が4番を打ち、1学年下には西岡剛(福岡北九州フェニックス)がいた。

 彼らとともにチームを牽引したのが、関西大を経て昨年まで阪神で16年間プレーした左腕投手の岩田稔だった。

大阪桐蔭時代の岩田稔大阪桐蔭時代の岩田稔 この記事に関連する写真を見る

入部1週間で体重10キロ減

「とにかくしんどい3年間でしたね。中学校の時、シニアの指導者から『(大阪)桐蔭に行きたいなら今の練習では足らん』と言われて、週5日だった練習が毎日になりました。淀川の河川敷を2時間ずっと走らされたりしましたが、桐蔭の練習は想像以上にしんどかったです」

 体重80キロ強で大阪桐蔭に入学した岩田は、1週間で10キロ近く痩せたという。授業が終わったらすぐにユニフォームに着替え、生駒山の麓にある学校からグラウンドまでの"獣道"を毎日20分走って通ったからだ。

 チームがシートノックなど基礎的な練習をしている間、投手陣は坂道ダッシュを繰り返した。バッティング練習中は両翼のポール間を走り、終了後にはチームのランメニューが待っている。タイム走では設定時間を切れないとやり直しになり、腹筋がつることもあった。

「タイムを切れなくて、やり直しばかりでした。でも、数をこなすことはすごく大事じゃないですか。数をこなさないと体に染み込まないので。当時は球数を投げてフォームを覚えることが"基本"と言われていた時代で、そればかりやっていました。今は科学的な考え方が入り、トレーニングを融合させながら効率よくと変わってきていますが、僕が高校生の頃は走ってやり直し、走ってやり直しで......。知らぬ間に体が強くなっていました」