2021.03.19

小芝風花は毎年センバツに全力注目!見ていて胸が熱くなる瞬間を語る

  • 一ノ瀬 伸●取材・文 text by Ichinose Shin
  • 立松尚積●写真 photo by Tatematsu Naozumi

小芝風花インタビュー
センバツ高校野球編

次世代の実力派俳優として注目を集める小芝風花さん。学生時代にフィギュアスケートに本格的に取り組んでいた元アスリートの彼女は、高校時代に「春のセンバツ」(第86回選抜高等学校野球大会、2014年)の「応援キャラクター」に抜擢されるなど野球との縁も深い。3月19日に開幕するセンバツでは大会公式サイト「センバツLIVE!」で出場校紹介動画ナレーションを担当。小芝さんに高校野球の魅力を聞いた。

高校野球の魅力を語った小芝風花さん高校野球の魅力を語った小芝風花さん
ーー小芝さんはもともと野球が好きだったのですか?

小芝風花(以下、小芝)
 (2014年春の)センバツのイメージキャラクターを務めるまでは、野球との関わりはほとんどありませんでした。おじいちゃんが大の阪神ファンだったので、家に遊びに行ったときにはいつもテレビで阪神戦が流れていたのはよく覚えています。幼かった私はおままごとをしながら、時折、観ていたくらいでした。

 イメージキャラクターのお仕事で初めて甲子園球場へ足を運んだ際に、バットにボールが当たる「カキーン」という音や、観客の「ウオー」という盛り上がりの熱を体感して、とにかく興奮しました。

 当時、私も高校生だったので、同世代の選手たちが頑張っている姿を見て、いろいろと刺激をもらいました。3年間しかない高校生活を野球に注ぎ込んで、遊びたいのを我慢して、しんどいことやケガなども乗り越えて。私自身、小学3年から中学2年ずっとフィギュアスケートを習っていてスポーツに打ち込んだ経験があるので共感する部分もありましたし、「もっと頑張ろう」って思いました。