2021.01.24

中日ドラ1と互角の投げ合い。
智弁学園のエースが進化して再び甲子園へ

  • 沢井史●文 text by Sawai Fumi
  • photo by Ohtomo Yoshiyuki

 あの高橋宏斗(中京大中京→中日ドラフト1位)と互角に投げ合った左腕──智弁学園のエース・西村王雅のことをそう記憶している高校野球ファンは多いだろう。

「そう言われることはたしかに多かったです。これからも言われることがあるかもしれませんが、自分の力に変えていくしかないと思っています」

昨年夏の甲子園交流試合で好投した智弁学園のエース・西村王雅 1年だった一昨年夏は背番号11をつけ、八戸学院光星戦に3番手としてマウンドに上がった。171センチ、67キロと小柄だが、最速138キロのストレートを武器に強気のピッチングが身上で、1年秋から背番号1を背負う。

 出場するはずだった昨年春のセンバツ大会は新型コロナウイルス感染拡大の影響により中止になったが、夏にセンバツ出場予定だった32校による交流試合が甲子園で開催。智弁学園は中京大中京と対戦することになった。

 最速154キロを誇る世代ナンバーワン投手の高橋と投げ合うことになった西村は、試合前から高揚感を抑えられなかった。

「高橋さんはとにかく球が速い。ああいうピッチャーと投げ合ったことがなく、とにかくすごいとしか思えなかったです。プルペンからずっと見ていました」

 試合が始まると、最初は一緒にプレーするのが最後となる3年生のためにすべてを出し切るつもりで投げていたが、「投げ合っていくうちに負けたくないという気持ちが強くなっていきました」と徐々にテンションが上がっていく。

 初回に4安打を浴びていきなり3点を奪われたが、その後はリズムを取り戻し、2回以降は強力打線をわずか3安打に封じた。チームは3対4とサヨナラ負けを喫したが、西村は高橋に負けず劣らずの快投を見せ、強烈なインパクトを残した。

「高橋さんは最終回でも球速が上がっていたし、勝負球が甘くならない。ただ、負けたことは悔しかったですが、バックを信頼してしっかり投げることができた。自分だけでなくチームとして得られることが多い試合でした」