2020.09.19

関西の高校野球界も騒然。和歌山の
152キロ右腕は来年ドラフトの目玉か

  • 沢井史●文 text by Sawai Fumi
  • photo by Sawai Fumi

山本昌が高校生ドラフト候補の9投手を診断>>

 ただの1年生じゃない──市和歌山の小園健太を見てそう思ったのは、昨年夏の和歌山大会のピッチングを見た時だ。初戦の日高中津戦の8回から登板し、2イニングを無安打、1奪三振で試合を締めた。

今年7月の練習試合で152キロをマークした市和歌山の小園健太 身長185センチと恵まれた体格から、すでに最速147キロの速球を投げ込んでいたが、なにより印象的だったのがマウンドでの佇まいだ。ポーカーフェイスで淡々と投げ込む姿は、1年生とは思えない雰囲気を醸し出していた。

 だが、秋の大会はほとんどマウンドに上がることなく、野手として出場していた。聞くと、フォームが安定せず調子を落とし、打者に専念したという。

 冬場は体幹トレーニングに時間を費やし、最良のフォームを求めた。例年なら冬場の努力の成果を見ることができるのが春季大会。だが、その機会はコロナ禍によって奪われた。

 半田真一監督は「例年なら3年生だけでなく、2年生も春に経験を積んで、秋につなげる。その機会がない今年は本当に苦しかった」と胸の内を明かす。

 5月半ばまで休校措置が取られ、その間は自主練習がメインだったが、小園は黙々とトレーニングをこなした。6月になると練習試合が徐々に始まり、約1年ぶりの実戦マウンドに立った。

 そんななか、独自大会前の7月上旬、大阪桐蔭との練習試合で自己最速となる152キロをマーク。もともと注目度は高かったとはいえ2年生右腕が150キロ超えをしたことで、関西の高校野球界は騒然となった。それでも本人はいたって冷静だ。

「正直、自分でもビックリしました。自分より格上の相手のほうが燃えるし、力以上のものが出ることがあるので、(152キロは)その結果だったと思います」

 小園はその体格や投げっぷりから速球派と見られがちだが、スピードにそこまで大きなこだわりはないという。