2020.07.11

巨人のスーパースターと同姓同名。佐賀にプロ顔負けの強肩捕手がいた

  • 加来慶祐●文 text by Kaku Keisuke
  • 大友良行●写真 photo by Ohtomo Yoshiyuki

スポルティーバ厳選!
高校野球 47都道府県の注目選手
佐賀編

新型コロナウイルスの影響により毎年夏に甲子園で開催される「全国高等学校選手権大会」が中止となり、その代わりに、各都道府県は独自の代替大会を開く。佐賀では7月11日から独自大会「SSP杯県高校スポーツ大会・野球競技」を開催。熱戦が期待される中、注目の選手たちを紹介する。
昨夏の甲子園を経験し、攻守のバランスが評価される佐賀北の江藤謙伸 春夏通算7度の甲子園出場を誇り、4年ぶりの夏制覇を目指す唐津商はタレントぞろいだ。特に注目なのは、巨人のスーパースターと同姓同名の捕手・坂本勇人と、遊撃手の市丸紘樹だ。

 坂本は、二塁送球タイム1.8秒台の世代屈指の強肩で、高校通算本塁打20本到達間近のパンチ力も備える強打型捕手だ。昨秋の九州大会は1420という超乱打戦の末に同大会優勝の明豊(大分)に敗れたが、坂本は好投手・若杉晟汰(せいた)から2安打を放つなどこの試合6打数3安打3打点の活躍。打撃の確実性と、捕手としての送球の速さ・正確性を大舞台で見せつけたことで、スカウト陣の評価も上昇した。

 市丸は強打の遊撃手として県屈指の存在。通算本塁打は坂本を上回る20本超を記録している。昨秋九州大会の明豊戦は、先頭打者として4打数3安打と気を吐き、二塁打2本と持ち前の長打力を披露した。投手としても140キロの速球を投げ、その野球センスは折り紙付きだ。

 唐津商の選手層は厚い。九州大会では、四番・宮崎友汰が2本塁打を記録し、当時1年生だった五番・宮崎勇輔も連弾を放った。

 投手は187センチの長身右腕の森伊皇司郎(こうしろう)がブレイクの時を待つ。この冬に130キロ台中盤を連発した森伊は、フォーク、スライダー、カットボールといった高速系の変化球を持ち味で、球持ちのいいスリークォーターだ。昨秋の九州大会はわずか2/3イニングを投げただけだったが、スケール感に満ちた「未完の大器」の雰囲気を感じさせる。

 近年の台頭している東明館は、逸材の宝庫である。筆頭は遊撃手の柴田恭佑。177センチ72キロとやや細身だが、通算20本塁打の長打力を誇るスラッガーだ。長打を広角に打ち分ける技術、勝負どころで結果を出す集中力も魅力。さらに守りにも安定感があり、送球の精度は高い。遊撃手としては、唐津商の市丸とともに佐賀の双璧と言ってもいいだろう。