2020.07.04

沖縄は伝統校、新鋭校に好素材が集結。
身体能力の高さは全国屈指だ

  • 加来慶祐●文 text by Kaku Keisuke
  • photo by Ohtomo Yoshiyuki

スポルティーバ厳選! 
高校野球 47都道府県の注目選手
沖縄編

 新型コロナウイルスの影響により毎年夏に甲子園で開催される「全国高等学校選手権大会」が中止となり、その替わりに、各都道県は独自の代替大会を行なうとしている。沖縄では県独自の代替大会「2020県高校野球夏季大会」が7月4日よりスタート。白熱の試合が期待される中、注目選手を紹介する。

昨年夏の甲子園を経験した沖縄尚学の永山蒼 昨年夏の甲子園を経験した沖縄尚学のエース・永山蒼(そう)は、最速142キロを誇る右腕。昨年秋の九州大会以降フォームを修正して、比嘉公也(ひが・こうや)監督が求める「本物のストレート」の習得に励んできた。

 フォーム修正の際、スリークォーター気味に出ていた腕の振りをやや上に変えたところ、タテのスライダーのキレが大幅にアップ。狙って空振りが取れるようになった。秋以降は奪三振率の高さを買われリリーフ登板することが多いが、短いイニングを全力で投げるほうがより持ち味を発揮できているように映る。

 昨年は沖縄大会決勝で興南の宮城大弥(現・オリックス)と死闘を繰り広げるなど、経験も豊富。これからの成長が楽しみな選手だ。

 その永山のチームメイトで、昨夏は一塁手として甲子園に出場した島袋晧平は遊撃手として最後の夏を迎える。身体能力の高い選手だが、広角に打ち分ける打撃力、難しい打球でも確実にアウトにする守備力、そして走塁テクニックなど、あらゆる面で精度の高いプレーを披露する。