2020.06.13

超絶守備の近江・土田龍空。甲子園に
残した「忘れ物」はプロの舞台で取り戻す

  • 菊地高弘●文 text by Kikuchi Takahiro
  • photo by Ohtomo Yoshiyuki

 心おきなく野球を楽しめる日常が戻ったら、ぜひ見てもらいたい選手がいる。

 近江高(滋賀)の土田龍空(りゅうく)は、そのひとりだ。

 高校1年夏から甲子園に2回出場したため、知っている野球ファンも多いだろう。ショートの土田に打球が飛べば、観戦者は細かいことをあれこれ気にせずに楽しめるに違いない。土田はそんなファンタスティックなプレーを見せてくれる。

1年夏から近江レギュラーとして活躍する土田龍空「龍空」という珍しい名前の由来は「龍のように空を大きく駆け回ってほしい」という両親の願いが込められているという。名は体を表すというが、土田の守備はまさに「龍空」そのものだ。

 昨年の春、有馬諒(現・関西大)のインタビューのため、近江高校の練習グラウンドに足を運んだ。すぐにシートノック中の土田に目が釘付けになった。

 三遊間寄りのゴロを捕って、ノーステップで一塁に鋭く送球したと思えば、ボテボテの打球にチャージしてジャンピングスローを披露する。捕ってから投げるまでの動きが流れるようで、日本人内野手というより中南米の内野手をイメージさせた。

 その一方で、いかにも簡単そうな正面の打球をポロリとこぼしたり、集中力が欠けているように見えるシーンもある。

 よく言えば「のびのびと、楽しそうにプレーする」。悪く言えば「軽い」。土田のプレーには、そんな諸刃の剣があった。