2020.05.13

松井秀喜に5敬遠。ヒールと呼ばれても
慕われる明徳・馬淵監督の素顔

  • 菊地高弘●文 text by Kikuchi Takahiro
  • photo by Ohtomo Yoshiyuki

高校野球・名将たちの履歴書
第6回 馬淵史郎(明徳義塾)

 私は馬淵史郎監督に対して「勝負の鬼」というイメージを抱いていた。だが、昨年12月に明徳義塾(高知)を訪れてみて、その印象は大きく変わった。

 高校野球ファンの間で馬淵監督の名前を知らぬ者はいないだろう。

 その名は長らくヒールとして伝わってきた。1992年夏の甲子園、星稜(石川)の怪物スラッガー・松井秀喜に対して5打席連続敬遠を指示したのは馬淵監督だった。松井を抑えられる力量の投手がおらず、勝つための最善の策と判断して敬遠を選択し、目論見どおり勝利を収めた。

2002年夏に悲願の全国制覇を果たした明徳義塾・馬淵監督 だが、試合中には甲子園球場のスタンドから物が投げ込まれ、明徳義塾の校歌斉唱時には「帰れ」コールが起きた。その後、しばらくは明徳義塾といえば、高校野球界の悪役のような位置づけが続いた。

 それでも、2002年夏には明徳義塾は甲子園初優勝を飾る。

「キャプテンの森岡良介さん(元ヤクルトほか/大阪府出身)が『高知県に優勝旗を持って帰ることができました!』とコメントしたことで、県内で明徳を見る雰囲気が変わったと聞きました」

 そう語るのは、同校OBで現在はコーチを務める川﨑新也コーチだ。

 明徳義塾は甲子園常連校となり、馬淵監督も今や名物監督になった。歯に衣着せぬコメントは報道陣の間で大人気。「明徳が甲子園に出るたびに馬淵さんの言葉を聞くのが楽しみ」という記者も珍しくない。