2020.05.01

【書籍紹介】オレたちは「ガイジン部隊」
なんかじゃない!〜野球留学生ものがたり〜

オレたちは「ガイジン部隊」なんかじゃない! ~野球留学生ものがたり~

15歳にして親元を離れ、不慣れな土地で奮闘し、
やっとの思いで甲子園に出場したのに、なぜか批判されてしまう......
そんな野球留学生を、もっと応援したくなる!

覚悟を決めて地元を離れ、甲子園を目指す野球留学生たち。
強豪校ゆえの激しいポジション争いや、慣れない土地での寮生活に悪戦苦闘しながら過ごす日々。
郷土を思う一部の過度なファンから、気持ちよく応援してもらえないこともあるが、
そんな地域文化とも向き合いながら、やがて人間としても成長していく......。
『野球部あるある』『下剋上球児』で高校球児をハートフルに描いてきた菊地高弘氏が、
野球留学生の奮闘の日々を、愛情を込めてお届けする青春物語。
イラストは、自身も元高校球児で、『ドラフトキング』が好評連載中の漫画家・クロマツテツロウ氏。

はじめに(一部抜粋)
高校野球界では、越境入学者を「野球留学生」と呼ぶ。
口さがない者が「ガイジン部隊」と揶揄することも珍しくない。
毎年夏の甲子園の代表校が出揃うと、ベンチ入りメンバーの県外出身者の割合を調べ上げ、
鬼の首を取ったように報じるメディアも現れる。
「県外率」が高いチームほど、「ガイジン部隊」というわけだ。(中略)
「ダイバーシティ(多様性)」という言葉が市民権を獲得した今、
高校野球界にいまだ残る野球留学生に対する敵意は過去の遺物のように感じられてならない。

【目次】
第1章 八戸学院光星(青森)
第2章 盛岡大付(岩手)
第3章 健大高崎(群馬)
第4章 帝京(東東京)
第5章 滋賀学園(滋賀)
第6章 石見智翠館(島根)
第7章 明徳義塾(高知)
第8章 創成館(長崎)
コラム1 大阪中学球児のリアル(羽曳野ボーイズ/門真ビックドリームス)
コラム2 野球留学生を知り尽くした男(県岐阜商・鍛治舍巧監督)
コラム3 公立校なのに野球留学生!?(島根中央)

【発行】インプレス

【定価】1500円+税

【発売日】2020年4月3日

【著者紹介】
菊地高弘(きくち・たかひろ)/1982年生まれ。東京都出身。野球専門誌『野球小僧』『野球太郎』の編集者を経て、ライターとして独立。『中学野球太郎』誌上では打者として有望中学生投手と真剣勝負する「菊地選手のホームランプロジェクト」を連載中。著書に『野球部あるある』シリーズ(「菊地選手」名義/集英社)、『巨人ファンはどこへ行ったのか?』(イースト・プレス)、『下剋上球児 三重県立白山高校、甲子園までのミラクル』(カンゼン)がある。Twitter:@kikuchiplayer

1

関連記事