2019.03.26

【書籍紹介】『下剋上球児~三重県立白山高校、甲子園までのミラクル』

『下剋上球児~三重県立白山高校、甲子園までのミラクル』

菊地高弘著(発行/カンゼン)

【発行】カンゼン

【定価】本体1500円+税

2018年夏の甲子園で注目を集めたのは、初出場の三重県立白山高校だった。

白山高校は、いわゆる野球エリート校とは対照的なチーム。

10年連続県大会初戦敗退の弱小校。

「リアル・ルーキーズ」のキャッチフレーズ……。

そんな白山高校がなぜ甲子園に出場できたのか。

そこにはいくつものミラクルと信じられない物語が存在した。

「菊地選手」渾身の一作。

学校も野球も地元も熱狂! ひと夏の青春ノンフィクション

【目次】

第1章 雑草だらけのグラウンド

第2章 牛歩のごとく進まぬチーム

第3章 10年連続三重大会初戦敗退

第4章 真面目軍団と問題児軍団

第5章 一筋の光明と強豪の壁

第6章 8名の野球部顧問

第7章 過疎の町と野球部

第8章 三度目の正直

第9章 監督の手を離れるとき

第10章 日本一の下剋上

第11章 空に昇っていく大歓声

第12章 白山はなぜ甲子園に出られたのか

【著者紹介】

1982年生まれ。野球専門誌『野球小僧』『野球太郎』の編集者を経て、ライターとして独立。『中学野球太郎』誌上では打者として有望中学生投手と真剣勝負する「菊地選手のホームランプロジェクト」を連載中。著書に『巨人ファンはどこへ行ったのか?』(イースト・プレス)、『野球部あるある』シリーズ(「菊池選手」名義/集英社)がある。Twitterアカウント:@kikuchiplayer

1

関連記事