2020.01.09

上野由岐子が渋野日向子から得たもの
「笑顔はパフォーマンスを変える」

  • 田尻耕太郎●文 text by Tajiri Kotaro
  • photo by Tamura Sho/AFLO SPORT

東京オリンピックで輝け!
最注目のヒーロー&ヒロイン
ソフトボール 上野由岐子 後編

 2020年の東京五輪でソフトボール日本代表が目指すのは、当然、2008年の北京五輪に続く金メダルだ。12年前の経験者であるエース上野由岐子は、東京五輪までにどのような準備をして、どんな覚悟で挑むのか。

37歳となった今も日本代表の絶対的エースとして君臨している上野由岐子―― 2020年の東京五輪で、ソフトボール日本代表が金メダルを獲りにいくうえで何が重要になると思いますか。また、今の代表チームをどのように見ていますか。

「ソフトボールは2008年の北京オリンピック以来ですので、あの大舞台を経験している選手はほとんどいません。私よりもだいぶ年下ばかりですが、選手にはそれぞれの役割や仕事があるわけで、それをどれだけ理解して、すべてを懸けられるかだと思います。それができれば、チームがひとつになることなんて簡単。目標は同じですから。

 ただ、ひとりでもできなければチームは崩れちゃうんです。もちろん結果は大事だけど、まずはそこにすべてを懸けられるか。そのなかで私のような経験者がカバーし、フォローしてあげたい。いま言えるのは、とにかく一生懸命やってほしい。それだけです」

―― 五輪という舞台で、自分の力を発揮するというのは並大抵のことではないと思います。

「どれだけ手を抜かずにやれるかですね。別に力を入れろとは言わない。たとえば、80%で勝てる相手なら80%でいいんです。81%を出す必要はないのですが、79%だと負けてしまう。頑張りすぎる必要はないけど、抜かないことが大切なんです。それが簡単にできるのなら、誰でもやっていますけどね(笑)。

 ただ、今回の東京オリンピックは、出場するのは6カ国だけなので、要するに世界のトップ6なんです。しかも今回は(敗者復活戦が織り込まれる)ページシステムではないので、オープニングラウンドから負けられない戦いが続きます。たとえば、アメリカに負けてしまうと、ほかの4試合は絶対に落とせない。でも、カナダがいて、オーストラリアがいて......と考えると、かなり大変な戦いになると思っています」