2018.10.23

知名度よりも潜在能力。2018年ドラフトの
本当の「隠し玉」はこの5人!

  • 安倍昌彦●文 text by Abe Masahiko
  • photo by Kyodo News

 目前に迫った”2018ドラフト”。今年は、根尾昂や藤原恭大(ともに大阪桐蔭)、吉田輝星(金足農)といった甲子園のスター選手に注目が集まっているが、”1位”の12人がなかなか揃わず、「1位指名は誰にするのか」「入札を外した時は誰にいくのか」と、各球団とも当日まで頭を悩ますことになりそうだ。

 現時点で1位指名と噂されているのが、以下の9人である。

根尾昂(大阪桐蔭/投手・野手/右投左打)

藤原恭大(大阪桐蔭/外野手/左投左打)

吉田輝星(金足農/投手/右投右打)

小園海斗(報徳学園/内野手/右投左打)

上茶谷大河(東洋大学/投手/右投右打)

甲斐野央(東洋大/投手/右投右打)

梅津晃大(東洋大/投手/右投右打)

松本航(日本体育大/投手/右投右打)

辰己涼介(立命館大/外野手/右投左打)

 おそらく、この9人は「1位指名候補」として12球団が共通認識しているだろうが、残りの3人については球団によって顔ぶれが大きく異なるはずだ。まさに”未知”の要素を多く抱えたドラフトだけに、2位以下の指名に注目している。

 全国的には無名でも、確かな実力を備えた選手はいっぱいいる。そういった選手を何位で指名するのか、スカウトの腕の見せどころである。

 そこで、今回のドラフトで私が密かに注目している5人の”隠れた実力者”を紹介したい。

リーグ戦で3季連続防御率0点台という圧巻の成績を残した東日本国際大の粟津凱士 筆頭は、東日本国際大の粟津凱士(あわつ・がいと/投手/右投右打)だ。プロ級の球威と打ちにくさを兼備したサイドハンド投手で、リーグ戦では3シーズン連続して防御率0点台という圧巻の成績を残した。今年6月に開催された大学選手権でも1完封を含む、122/3を無失点と全国の舞台でも実力を証明してみせた。

 ゆっくり踏み込んできて猛烈なスピードで腕を振る。そのフォームの緩急が、打者のタイミングを難しくする。140キロ前後のスピードでも、指にかかった時のストレートの威力は十分。カットボール、ツーシームでも腕の振りが緩まず、両サイドに投げ分ける制球力を持つ。持ち球のレベルは、今でも十分に一軍レベル。球筋は、かつての高津臣吾(元ヤクルトなど)や、今なら又吉克樹(中日)だ。