2018.08.22

金足農が逃してしまった勝負の運。
「必殺技」の失敗が最後まで響く

  • 田尻賢誉●文 text by Tajiri Masataka
  • 大友良行●写真 photo by Ohtomo Yoshiyuki

「まだ、あやふやです。サインミス? それもわからないです」

 試合後、閉会式を挟んだ取材時間。しばらくたっても、金足農の菊地彪吾(ひゅうご)は現実を受け入れられていないようだった。

東北勢悲願の初優勝を目指したが、大阪桐蔭に敗れ準優勝に終わった金足農ナイン 大阪桐蔭に3点をリードされた2回表、金足農の攻撃。2本の安打などで一死一、三塁のチャンスをつくった。7番・菊地彪への5球目。カウント2-2の場面で”そのとき”が来た。2人の走者がスタートを切る。お家芸のスクイズのサインだ。

 ところが、菊地彪は見送った。バントの構えすらしなかった。三塁走者は憤死。無得点に終わり、絶好の反撃機を逃してしまった。

「やっちゃったなと思いました」(菊地彪

 実はこの試合、金足農はスクイズのサインを変更していた。準決勝の日大三戦の8回にスクイズをものの見事に外されたからだ。

「桐蔭もサインを見てくるだろうと。キー(を触るブロックサイン)ではなくて、一発サインです」(菊地彪吾)

 2人の走者はスタートしている。打者の見落としなのは間違いない。それでも菊地彪が「あやふや」だというのには理由がある。一塁走者だった高橋佑輔は言う。

「自分はサインを変えるのは反対でした。詳しくは言えないんですけど、ちょっと難しいので見落としやすい。確認不足だったと思います。それが大事な場面で出てしまった。サインを変えるのをやめるように、もっと監督に言えばよかった」

 秋田大会でも一度サイン変更しており、今回が初めてではないが、甲子園の決勝で変えるのはリスクが大きかった。

 ちなみに、2回のチャンスは一死一、三塁。大阪桐蔭の内野陣は前進守備をしておらず、一塁手はベースについている。セーフティースクイズをやりやすい状況だったが、「基本はスクイズ。セーフティースクイズはないです」(菊地彪吾)

 金足農にとって、スクイズ失敗は他のチームよりも大きな意味を持つ。なぜなら、スクイズはチームの”必殺技”だからだ。今大会でも5点をスクイズで奪っている。準々決勝の近江戦のサヨナラ2ランスクイズからは、スタンドの観客も完全に”金足農=スクイズ”と認知した。