2017.09.05

「枚方ボーイズ」の1、2番コンビが、
U-18侍ジャパンを引っ張る

  • 柳川悠二●文 text by Yanagawa Yuji
  • 内ヶ崎誠之助●写真 photo by Uchigasaki Seinosuke

 藤原は言う。

「3番、4番、5番にすごいバッターがいるんで、僕は気楽にやっています(笑)」

 1年生から大きな注目を集め、甲子園や日本代表で活躍した清宮や、大阪桐蔭の最大のライバル・履正社の主砲である安田との邂逅(かいこう)は、2年生ながらプロを見据える藤原にはいい刺激となっているのではないだろうか。

「やっぱり清宮さんは、存在感が頭ひとつ抜けている感じです。代表に合流して、初めてお話ししましたが、いつも『力を抜け』と言われています。清宮さんが打席に入ったときの力の抜き方を真似しているんですけど、それがなかなか難しくて......。どちらかというと、自分は清宮さんよりも、安田さんタイプの打者だと思う。清宮さんはバットをしならせて、ボールをバットに乗せて運ぶじゃないですか。安田さんは、パンチショットのような形で打つ。参考にしています」

 センバツ決勝での2発をライトスタンドに込んだように、藤原はどちらかというとプルヒッターのイメージがあったが、高校日本代表のここまでの3戦で放った4安打はすべてが逆方向(三塁内野安打含む)だ。

「意識しているわけじゃないんですけど、逆方向の打球がヒットになるのは、自分の調子がいい証拠だと思います。海外の投手は、日本の投手と違って、いつ投げてくるか分からないので、タイミングがとりにくい。タイミングが遅れて差し込まれないようにだけ意識しています」

 大阪桐蔭の西谷浩一監督は、藤原に限っては「ノーサイン」で盗塁することを許している。送りバントのサインを出すこともない。藤原自身も、セーフティバントを狙うこともせず、積極的にファーストストライクからバットを強く振っていく。