2016.10.16

寺島成輝、ドラフト前の覚悟
「たぶん鼻をへし折られると思います」

  • 谷上史朗●文 text by Tanigami Shiro
  • 大友良行●写真 photo by Ohtomo Yoshiyuki

 昨年秋の時点で、2016年のドラフト戦線は田中正義(創価大)一色に染まりかねない気配があった。それが年明け、田中に右肩の故障が判明すると、春から夏にかけて高校生投手の評価が一気に高まった。そのなかでも寺島成輝(履正社)の評価は安定していた。常に高いレベルの結果を出し続け、ピッチングでも容易に崩れることはない。目前に迫った”運命の日”を前に、今の心境を語ってもらった。

この夏の甲子園で2勝を挙げた履正社のエース・寺島成輝── 夏の大会が終わってからは、後輩たちと一緒に練習をしているのですか?

「少し前までは国体もあったので、後輩相手に投げたり、今も普通に練習しています。シートバッティングでは、安田(尚憲/来年のドラフト候補)とかに打たれたりしながら……。アイツは本当に成長しています」

── いよいよドラフトが迫ってきましたが、今の心境は?

「いろいろな感情が混じっています。わからないことばかりの世界ですし。鼻をへし折られるとは思いますけど、少しは自信を持っていたほうができるかなと」

── 今は練習も早く上がれるようになり、夜、プロの試合を見る機会も増えたと思います。

「そうですね。あらためて、高校野球とストライクゾーンの違いを感じます。『決まった!』と思った球がボールと判定されたりして、明らかにプロはストライクゾーンが狭いですよね」

── 高校からプロに進んだ多くの投手が、まずストライクゾーンに苦労するという話をよく聞きます。でも、コントロールには自信があるのでは?

「コントロールはまだまだです。もっと極めていかないと通じないと思います」