2016.04.05

センターコンバートが生んだ瞬発力。清宮幸太郎の進化は止まらない

  • 菊地高弘●文 text by Kikuchi takahiro
  • photo by Shota Ohuchi

 清宮がセンターを守る――。

 高校野球の練習試合解禁が迫る2月下旬、驚きのニュースが飛び込んできた。高校2年生になるスラッガー・清宮幸太郎(早稲田実)が、一塁手から中堅手にコンバートされるというのだ。

4月2日の町田戦で高校通算36本目となる本塁打を放った清宮幸太郎

 もともと投手として、リトルリーグ時代は130キロ近いスピードをマークしたこともある。だが、当時から何度も肩を痛めており、投手を断念。高校入学後は、試合前のキャッチボールで周囲が遠投によって肩を温めるなか、清宮は塁間より少し長い距離での投球に終始していた。

 清宮が将来的にプロを目指すならば、ポジションが一塁手に限定されることは大きなネックになる。近年、ドラフト会議で一塁専任の選手が上位指名されることはほとんどない。一塁は外国人選手との競争になることが多く、日本人選手がポジションを獲得するには相当な打力が求められるからだ。

 現在、プロ野球で一塁手のレギュラーを務めている日本人選手は、中田翔(日本ハム)、畠山和洋(ヤクルト)、新井貴浩(広島)、内川聖一(ソフトバンク)、銀次(楽天)、Tー岡田(オリックス)など。彼らはいずれもチームトップクラスの打力があるだけでなく、もともと別のポジションでレギュラーを奪取した上で一塁手に転向している。

 そんな背景があるなかで、センターに挑戦するという清宮に俄然興味が湧いた。

 4月2日に神宮第二球場で行なわれた、春季東京都大会初戦の町田戦。試合前のシートノックに、清宮は確かに中堅のポジションに立っていた。